どうなる大相撲三月場所!?注目の力士をご紹介

2016年の大相撲三月場所(春場所)。 2月に入り番付編成会議や大相撲トーナメントが行われ、三月場所に向けて力士のコンディションや番付が気になるところですね。 ここでは、大相撲三月場所に向けて、すでに注目されている力士をご紹介します。

3/13(日)に初日を迎える、2016年の大相撲三月場所(春場所)。

2月に入り番付編成会議や大相撲トーナメントが行われ、三月場所に向けて力士のコンディションや番付が気になるところですね。

ここでは、大相撲三月場所に向けて、すでに注目されている力士をご紹介します。なお、番付発表は2/29(月)に行われます。

大相撲三月場所:一月場所優勝の琴奨菊、横綱への道は

大相撲一月場所(初場所)で優勝した大関・琴奨菊。

2011年の十一月場所(九州場所)で新大関に昇進後、5回も角番を経験しながらも残り続けてきました。2015年も2度の角番を経験。十一月場所ではケガで千秋楽を休場しましたが、一月場所で3人の横綱に勝ち、見事に優勝を果たしました。

一月場所は栃東(玉ノ井親方)以来10年ぶりの日本人力士の優勝で話題になりました。三月場所は初めての綱取り挑戦です。もし琴奨菊が横綱に昇進すると、若乃花(花田虎上)以来18年ぶりの日本人横綱になります。

1/30(土)には自身の誕生日に結婚式を挙げた琴奨菊ですが、基礎運動や自転車トレーニングを行うなど、多忙な中でも調整を重ねています。

大相撲三月場所:負傷で角番の照ノ富士、春場所「出場」宣言

大関・琴奨菊が優勝すると、他の大関も黙っていられないでしょう。

照ノ富士は大相撲一月場所、4日目を終えると鎖骨に激痛を感じました。5日目は出場しましたが、痛みのせいで力が出せず負けてしまい、6日目に右鎖骨骨折により休場しました。一般的には全治数か月かかるといわれる大怪我です。また、休場中の1/18(月)には、左膝の内視鏡手術を受けました。

現在の大相撲には公傷制度がないため、右膝十字靱帯損傷や左膝半月板損傷という大けがを抱えて強行出場してきた照ノ富士。角番で臨む三月場所を全休してしまうと、守ってきた大関の座から陥落してしまいます。

一月場所でのケガは、幸いにも順調に回復しているようです。

大相撲三月場所:34歳・翔天狼が十両に復帰!

大相撲三月場所に向けて、うれしいニュースが入ってきました!元前頭の翔天狼が十両に復帰することが決定。翔天狼はモンゴル出身。初土俵は2001年で、1/31(日)に34歳になったベテランです。

三月場所中に34歳になる関脇・嘉風など、30代でも上に行く力士が増えてきた中、ファンは「翔天狼も早く関取復帰を」と願っていました。翔天狼は約7年間、関取でしたが、2015年十一月場所からは幕下で相撲をとっていました。しかし、2場所連続幕下で勝ち越したため、見事十両に復帰です。

2014年一月場所まで前頭にいた翔天狼の幕内復帰も見たいですね。

大相撲の他のオススメ記事

三月場所、あなたは誰に注目しますか?大相撲を見に行こう

チケットキャンプ(チケキャン)では、大阪で開催される大相撲三月場所(春場所)のチケットを取扱中です。見所盛りだくさんの今場所は、番付発表も楽しみですね。

スポフリ編集部 イチ押し公演!

平成28年 大相撲三月場所 十四日目

アプリなら手数料半額&プッシュ通知が届く「スポーツ観戦定番アプリ」のチケットキャンプ(チケキャン)で!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。