サバイバル!2016年 阪神春季キャンプの概要をご紹介

2016年も2/1(月)から沖縄・宜野座(1軍)と高知・安芸(2軍)で春季キャンプを開催する阪神タイガース。 1/22(金)には、1軍・2軍のキャンプメンバー振り分けが発表されました。

2016年も2/1(月)から沖縄・宜野座(1軍)と高知・安芸(2軍)で春季キャンプを開催する阪神タイガース

1/22(金)には、1軍・2軍のキャンプメンバー振り分けが発表されました。

金本友則監督からは、「キャンプ初日から1軍・2軍の入れ替えを行うかも」宣言が出ました。沖縄県と高知県のキャンプは同時並行で行っています。もし入れ替えになった選手は移動が精神的にも大変になりそうです。そんなことも踏まえつつ、日程やメンバーなどの概要をご紹介します。

阪神のキャンプ、あえて安芸を選ぶ安藤優也

阪神のキャンプ、1軍メンバーは40人になりました。
▶︎ 阪神の公式サイトはこちら

メンバーの中に、大物投手が一人いません。3年連続1軍で50試合登板を達成した安藤優也投手は「慣れ親しんだ場所で」と、安芸のキャンプを希望しました。ケガなく、好きな環境でキャンプを行うことになりました。阪神の春季キャンプ、2012年からは2軍のみ、安芸で行っています。1軍主力の安藤は、2014年から3年連続、安芸で過ごすことになります。

なお、ドラフト2位、明治大学の坂本誠志郎捕手は新人で唯一1軍メンバーに入りました。その他の1軍メンバーは阪神の公式サイトでもチェックできます。高山俊外野手ら他の新人選手は2軍からのスタート。高山は2015年10月に手を骨折してしまいましたのでまずは無理せずコンディションを回復させます。

新人選手をはじめ、2軍の選手も途中から、1軍合流の可能性、大いにありますよ。

阪神のキャンプ、沖縄ではオープン戦も

阪神タイガースは2003年から沖縄・宜野座村でキャンプを行っています。2016年は2/29(月)まで1軍キャンプを行います。

2012年から1軍は安芸を完全撤退し、宜野座でキャンプを行っています。会場の宜野座村野球場はきれいな芝が印象的。甲子園球場と同種の天然芝を導入しました。きれいな芝ですよね。すでに一部の選手は自主トレで使用しています。

練習試合は2/16(火)と2/20(土)に楽天戦、2/25(木)に日本ハム戦、2/27(土)に三星戦、オープン戦は浦添に移動し、ヤクルト戦を行います。いずれも13時プレーボールです。休日は、2/5(金)、2/10(水)、2/15(月)、2/19(金)、2/24(水)。

宜野座村のサイトにもスケジュールが書いてありますので、ぜひチェックしてみてください。

▶︎ 宜野座村のサイトはこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。