2016年初場所初日は天覧相撲!名勝負を振り返る

1/10(日)に初日を迎えた大相撲一月場所(初場所)。この日は天皇皇后両陛下が国技館を訪れた「天覧相撲」となりました。天覧相撲は2015年初場所8日以来、約1年ぶり。初日のご観覧は5年ぶりでした。

1/10(日)に初日を迎えた大相撲一月場所(初場所)

この日は天皇皇后両陛下が国技館を訪れた「天覧相撲」となりました。天覧相撲は2015年初場所8日以来、約1年ぶり。初日のご観覧は5年ぶりでした。両陛下は幕内後半からご覧になりました。幕内後半からのご観覧は4回連続となります。

緊張感あふれる名勝負が連発する天覧相撲、2016年初場所はどんな勝負が行われたのでしょうか。また、八角理事長の大仕事についても振り返ってみます。

大相撲初場所天覧相撲:安美錦が飛んできた!?取り直しに

天覧相撲となった大相撲初場所初日、取り直しになった一番もありました。大関・稀勢の里と前頭・安美錦の一番です。

1度目は、安美錦が稀勢の里をはたき込んだように見えました。が、同時に、安美錦が元関脇逆鉾・井筒審判長に文字通り、飛んできました。

土俵下にいた井筒審判長は、安美錦が飛んできた瞬間とっさによけたため、勝敗を見ることができず。さらに衝撃により、ビデオ室と回線がつながっているマイクが壊れてしまう惨事まで…。

物言いがついた後、審判協議の末「同体」と判断され、取り直しになりました。

取り直しの一番は、安美錦が稀勢の里を押し倒して完勝でした。一方で、稀勢の里は大関なのに、初日から敗れる事態になりました。

大相撲初場所天覧相撲:白鵬がマトリックス避けでヒヤヒヤ勝利

大相撲初場所、3横綱はそろって勝利、天覧相撲に花を添えました。結びの一つ前の取組となった横綱・白鵬と小結・勢の対戦は、白鵬がなんとか勝利を手にしました。

まわしが取れない白鵬に勢が攻め上がり、白鵬は土俵際に追い込まれました。しかしここで横綱の勝負勘が働きました。

白鵬は土俵内にのけぞるように飛び、勢は突き落とされ、先に倒れました。白鵬の飛ぶ体勢は、まるで映画「マトリックス」の1シーンのようでした。

この一番も、物言いがつきました。井筒審判長によると、ビデオ室から「物言いをつけたほうが良い」と進言があったそうです。しかし軍配通り、白鵬の勝ちとなりました。

大相撲初場所天覧相撲:八角理事長も大仕事

満員御礼の中、天皇皇后両陛下が観覧された10番は熱戦が続きました。本記事で紹介したように、10番中2番に物言いがつきました

就任したばかりの八角理事長は、初めての本場所が大相撲初場所でした。しかも、初日が天覧相撲ですから、いきなりの大仕事がやってきたのですね。

八角理事長は天皇皇后両陛下の案内役を務めました。両陛下を先導して国技館に入り、貴賓席で付き添いも。

初めての初場所初日だけでも大変だったのに、天覧相撲も無事結びの一番まで終えました。理事長もお疲れ様でした。

大相撲の他のオススメ記事

天覧相撲も!大相撲を国技館で見よう

天覧相撲のように、いつもと違った雰囲気で大相撲を見られた方、ラッキーでしたね。チケットキャンプ(チケキャン)では大相撲のチケットを取扱中です。大相撲は天覧相撲に関係なく、連日満員御礼が続き、大人気です。チケキャンもぜひ見てみてくださいね。

スポフリ編集部 イチ押し公演!

平成28年 大相撲一月場所

アプリならプッシュ通知が届く「スポーツ観戦定番アプリ」のチケットキャンプ(チケキャン)で!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。