徹底紹介!楽天イーグルスのドラフト1位・オコエ瑠偉の家族、親戚関係がスゴイ

2015年のドラフト1位指名に、関東第一高校のオコエ瑠偉外野手を指名した、楽天イーグルス。2015年は野手のオコエを指名しました。ここでは家族・親戚のエピソードやプチ情報を踏まえ、どんな選手なのか、見てみましょう。

2015年のドラフト1位指名に、関東第一高校のオコエ瑠偉外野手を指名した、東北楽天ゴールデンイーグルス

楽天イーグルスはほとんどの年において、ドラフト1位で投手を指名し、交渉権を得てきました。しかし、2015年は野手のオコエを指名しました。

オコエ選手は身長185cm、体重90kgと体格に恵まれ、50mのタイムは6秒を切る俊足の持ち主。さらに、遠投は120mと強肩で視力は2.4とセンターからキャッチャーが笑っている表情が見えるほど目がよく、身体能力では2015年にトリプルスリーを達成したヤクルトスワローズの山田哲人選手やソフトバンクホークスの柳田悠岐選手にも引けを取らず、プロ野球選手の中でも既にトップレベルです。2016年、まずは外野手のレギュラー獲りを目指し、2年目の2017年はレギュラー定着、3年目以降にトリプルスリー、そして将来のメジャー移籍を目指します。オコエは甲子園に出場し、ドラフト候補として注目されてきた選手。そして、年代別日本代表にも選ばれ、2015年のWBSC U-18ワールドカップ準優勝にも貢献しました。ここでは家族・親戚のエピソードやプチ情報を踏まえ、どんな選手なのか、見てみましょう

楽天・オコエ瑠偉はラモス瑠偉と関係ある?

オコエ瑠偉ときいて、ラモス瑠偉を思いつく人は数多くいると思います。

瑠偉という名前は、ナイジェリア人のお父さんがサッカー元日本代表・ラモス瑠偉のファンだったからです。オコエが生まれた1997年当時、ラモスさんはまだ現役サッカー選手でした。

お父さんは息子のことを、ラモスさんのようなサッカー選手になってほしいと願っていました。しかし息子は野球を選び、プロ野球選手になりました。オコエには憧れの存在がプロの世界にいました。

楽天・オコエ瑠偉はロッテ・内竜也の親戚

楽天・オコエ瑠偉の憧れの先輩、それは、千葉ロッテマリーンズの内竜也投手(30)です。

内とオコエは親せき。オコエの祖母と内の母がいとこで、オコエと内は幼少時から知る関係でした。オコエが小学生だった2004年、内が高卒でロッテに入団しました。そんなオコエも6歳の時から、近所の知人に誘われ、サッカーではなく野球を始めました。

オコエは、打率も高く、打点も狙え、さらにスピードを活かして盗塁も稼ぐ「トリプルスリー」タイプの選手。内は2015年、クローザーとして活躍しました。内はオコエのプロ入り前から試合観戦に訪れていましたが、応援しつつ、スカウティングしていたのでは!? パ・リーグ公式戦でオコエvs内の対決、今から楽しみです。

楽天・オコエ瑠偉は妹もアスリート!

楽天・オコエ瑠偉の親戚、ロッテ・内竜也のツイートで紹介されていた「モニカ」とは誰のことでしょう?彼女は、オコエ瑠偉の妹、オコエ桃仁花(もにか)です。

桃仁花は瑠偉の1学年下の妹で、現在は東京の明星学園に通う高校2年生。バスケットボールの選手として、プロを目指しています。2015年はバスケットボールU-16日本代表にも選ばれました

ポジションはセンター(C)で、180cmを超える高さに速さを兼ね備えた逸材。2016年もさらに注目度がアップされると予想されます。2020年、兄妹揃って東京五輪に出場するかもしれません。

東北楽天ゴールデンイーグルスのオススメ記事はこちら

オコエを見たい!楽天イーグルスの試合をスタジアムで

東北楽天ゴールデンイーグルスのオコエ瑠偉選手を応援しよう!

セ・パ交流戦に入ると出番が多くなり、9番センターでスタメン出場を続けているオコエ瑠偉選手。ファンからの人気も絶大で「オコエ」との名前が場内にアナウンスされるだけで球場が盛り上がるほど。プレー中も真剣でありながらもプロで試合に出場できることを楽しんでいるようで、見ているだけで応援したくなる選手です。ぜひ球場に足を運んでオコエ瑠偉選手を応援しましょう。チケットキャンプでは東北楽天ゴールデンイーグルスのチケットを取扱中です。高卒1年目のオコエもスタジアムで応援したいですね。親戚・内が所属するロッテ戦もぜひチェックしてくださいね。

スポフリ編集部 イチ押し公演!

2016年度 パ・リーグ 公式戦

アプリならプッシュ通知が届く「スポーツ観戦チケット定番アプリ」のチケットキャンプ(チケキャン)で!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。