2016年大相撲初場所「画伯」日馬富士が東の正横綱に!

大相撲九州場所で2年ぶりに優勝した横綱・日馬富士。連覇を狙う日馬富士は、2015/12/23(水)から絵画展を開いたことでも話題になりました。ここでは、日馬富士のビックリするような絵の腕前と絵画展についてもまとめてみました。

2015年11月に行われた大相撲九州場所で2年ぶりに優勝した横綱・日馬富士。2016年1月の初場所の番付は、東の正横綱の座に就きました。

連覇を狙う日馬富士は、2015/12/23(水)から絵画展を開いたことでも話題になりました。ここでは、日馬富士のビックリするような絵の腕前と絵画展についてもまとめてみました。

大相撲初場所注目の横綱・日馬富士は絵画も横綱級!?

2015/12/23(水)から12/27(日)にかけて、大相撲の横綱・日馬富士は、東京・銀座の日動画廊で油絵などの絵画展、 「Two world」日馬富士&Zaya展を開催しました。

日馬富士のしこ名の一部でもある富士山を中心に、雄大な自然を描いた作品が20数点展示されました。

うち15点を販売し、売り上げはモンゴルの子供たちの心臓病支援を行っているNPO「ハートセービングプロジェクト」に寄付される予定です。得意の絵画でチャリティ活動を行っているのです。会場には大相撲関係者も訪れています。元千代大海の佐ノ山親方も、日馬富士の才能にビックリした一人です。

大相撲初場所注目の横綱・日馬富士が日本屈指の画廊で絵画展を開けた理由

日動画廊といえば、1928年創業の日本を代表する画廊です。大相撲の横綱・日馬富士のようにプロではない画家の作品展を開催したのは、長渕剛以来、2人目のことでした。ちなみに日馬富士は、長渕剛の大ファンです。

日馬富士はモンゴル出身で日本在住の画家・Zayaさんを連れて出展をオファーし、日動画廊も「日本とモンゴルの交流に」と快諾しました。逆さ富士の絵も印象的ですが、日馬富士は取材に対し、「やったことが返ってくる。絵の購入で、一人、二人と命を助けることができる」と語っています。

素晴らしい絵にただただ驚きですが、絵の売れ行きも好調で、初日から6点も売れたとか。「家がもっと広ければ、買ってたのに」と思っているファンもたくさんいるはずです。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。