2018年が待てない!FIFAロシアワールドカップの見どころ

2018年に21回目となるFIFAワールドカップがロシアで開催されます。 ではそんな大イベント、FIFAワールドカップ・ロシア大会の見どころには、どういったものがあるのでしょうか。

2018年に21回目となるFIFAワールドカップがロシアで開催されます。

世界中のサッカー選手にとって夢の舞台となる本大会では、懸命にプレイするスター選手たちの姿を見ることができます。また国や地域によるプレイスタイルの差、各国応援団の熱烈な応援など見るべきところが多い大会でもあります。

ではそんな大イベント、FIFAワールドカップ・ロシア大会の見どころには、どういったものがあるのでしょうか。

スター選手の最後の輝きを目に焼き付けるFIFAロシアワールドカップ

FIFAワールドカップは国の代表としてこれ以上ないステージです。そのためこの大会終了後の代表引退を決めたスター選手も数多く存在します。

2006年のドイツ大会では、スペインのレアル・マドリードなどで活躍したフランス代表のジネディーヌ・ジダンが引退を発表。ヨーロッパ予選を何とか勝ち上がったフランスの下馬評は決して高くはなく、グループリーグも苦戦の末突破しました。

ただ、試合を重ねるごとに調子を上げたジダンの活躍と、彼のために一丸となったチームメイトの働きなどもあり決勝進出。決勝では敗れたものの大会MVPを獲得した彼は、文字通り最後の輝きを見せたのです。

同大会ではチェコのネドベド、日本の中田英寿といった名選手も代表を引退しました。このような選手がどのような輝きを見せるのかも、ロシアワールドカップの見どころのひとつと言えるでしょう。

新たなスターを発掘できるFIFAロシアワールドカップ

FIFAワールドカップは全世界の注目を集めていると言っても良い大イベント。そのため一流クラブの関係者なども当然試合を観戦しています。

そのため実力がありながら中堅・無名クラブでくすぶっている選手が、この大会での活躍を機にビッグクラブに引き抜かれスターダムにかけ上ることもあります。

その一例が2014年大会のコロンビア代表ハメス・ロドリゲス。彼はそれまで母国コロンビアでの評価は高かったですが、ヨーロッパ全体では中堅というクラブに在籍していました。ただ同大会では得点王を獲得するなど大活躍。大会後は彼を高く評価したスペインのビッグクラブであるレアル・マドリードに移籍。同クラブでも活躍を見せています。

彼のような選手が現れるかどうかに注目するのも、ロシアワールドカップの見どころのひとつです。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。