広島県民が沸いた!黒田博樹の残留を振り返る

2015年、11勝を挙げた元メジャーリーガー、黒田博樹が2016年も広島カープに残留することになったのです。2015年まで日米通算193勝を挙げている黒田、2016年は200勝が期待されます。

2015年、セ・リーグ最多勝(15勝)を挙げたエース・前田健太のメジャー移籍が濃厚になった、広島カープ

しかし、12月に入り、カープファンにとって朗報がありました。2015年、11勝を挙げた元メジャーリーガー、黒田博樹が2016年も広島カープに残留することになったのです。

2016年、再びCS出場を目指すカープにとって、黒田はファンにとっても後輩選手にとっても大きな力になるでしょう。

また、2015年まで日米通算193勝を挙げている黒田、2016年は200勝が期待されます。

広島の2015年は、黒田、マエケン、ジョンソンの3人で40勝

2015年シーズンの広島カープは、69勝71敗3引き分けと負け越してしまいました。順位はクライマックスシリーズに届かず、4位でした。

69勝のうち、前田が15勝、クリス・ジョンソンが14勝、黒田が11勝、合計40勝です。3人だけで勝利数の過半数を占めました。ジョンソンがめでたく残留しましたが、黒田が抜けてしまうと、大きな損失です。

球団は黒田に、2015年シーズン途中から来季の打診をしていました。しかし黒田はシーズン終了直後の10月は残留・現役続行を即答せず、家族のいるアメリカへ。その間、球団は前田にメジャー移籍を容認しました。

12/8(火)、黒田は球団に現役続行を伝えました。12/17(木)、球界最高年俸の6億円で契約更改しました!球団からは勝利数に加え、社会現象となった「黒田フィーバー」の効果も評価されました。

広島では「黒田現役続行」で速報テロップや号外発行、セールも

広島・黒田現役続行の吉報は、テレビでも速報テロップが流れました。広島ファンは歓喜に沸き、全国のプロ野球ファンは再び起こった黒田フィーバーに驚きました。

広島市に本社を置くブロック紙・中國新聞は、号外を出してしまいました。「黒田残留セール」を行った店舗も。優勝号外や優勝セールはよく聞きますが、一選手の残留でセールをしてしまうとは。

1年前、メジャーの好条件を蹴って広島に復帰した黒田の「男気」に感動した広島県民。「黒田残留」は当然、大きな関心事なのです。

広島カープの2016年開幕投手は黒田もあり?

2015年、広島カープの開幕投手は前田健太でしたが、2016年は誰が開幕投手になるのか、早くも話題になっています。

黒田はメジャー移籍前の広島カープ時代、2003年から2007年まで、5年連続で開幕投手を務めました。黒田より勝ち数の多かったジョンソンも開幕候補ですし、日本人の大瀬良大地、福井優也も候補になるでしょう。

2016年の開幕戦は3月25日(金)、ホームのマツダスタジアムで横浜DeNAベイスターズ戦です。ホームで黒田が開幕投手になったら、「男気開幕じゃ!」と、盛り上がるでしょう!

広島東洋カープの他のオススメ記事

黒田が現役続行!2016年も広島カープを応援しよう

チケットキャンプ(チケキャン)では広島カープ戦のチケットを取扱中です。黒田博樹の熱い投球、ぜひスタジアムで見てくださいね。

スポフリ編集部 イチ押し公演!

マツダオールスターゲーム2016

アプリならプッシュ通知が届く「スポーツ観戦定番アプリ」のチケットキャンプ(チケキャン)で!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。