どんな大会?「K-1 WORLD GP IN JAPAN」について解説!

2014年に新体制としてスタートした立ち技格闘技の大会「K-1 WORLD GP IN JAPAN」。かつてのK-1のような世界のヘビー級選手が集まる大会とは異なり、体重60kg台の階級など、日本人の体格に合わせた階級を中心に展開されており、海外からはムエタイの選手なども集まっています。12/9(水)、2016年3月大会の出場選手の第1弾発表がありました。概要や注目選手、過去の注目試合を見ていきます。

立ち技格闘技の大会「K-1 WORLD GP IN JAPAN」。次回は2016/3/4(金)、東京・代々木第二体育館で開催されます。

3月大会については、12/9(水)、第1弾選手の発表が行われました。「-60kg(60kg以下)」「-65kg」「-70kg」の3階級王者が挑戦者と戦う試合と、「K-1 WORLD GP 2016 ~-65kg日本代表決定トーナメント~」が行われます。

ここでは、「K-1 WORLD GP IN JAPAN」の概要や注目の選手などを簡単にご紹介したいと思います。

新制K-1、「K-1 WORLD GP IN JAPAN」は2014年から

以前から見ているファンのイメージでは、K-1とは、ヘビー級クラスの体格の選手が戦うイメージがあるのでは。

前身の「K-1 WORLD LEAGUE」が発足されたのが、2014年5月。同年9月に「K-1 WORLD GP IN JAPAN」と大会名称が変更された新制K-1は、65kg級など、日本人の体格に合った階級が展開されています。

65kg以下級の初代王者が誕生したのが2014年11月でした。まだ歴史が浅い大会ですが、今のうちからチェックしておきましょう。

「K-1 WORLD GP IN JAPAN」兄弟対決で-60kg王者が決まった

2015/11/21(土)に開催された「K-1 WORLD GP 2015 IN JAPAN~THE CHAMPIONSHIP~」では、-60kg級タイトルマッチの兄弟対決が話題になりました。兄は卜部弘嵩(うらべひろたか、1989年生まれ)、弟は卜部功也(うらべこうや、1990年生まれ)、1歳違いの兄弟です。

2015年1月、初代王者に輝いたのは、弟の功也でした。11月に勝利し、2代目の王者になったのが兄の弘嵩でした。

普段は兄弟が同じサイトでブログを更新しています。ブログのヘッダーにはベルトを抱える兄弟の写真!K-1 WORLD GP公式サイトも「史上最大の兄弟ゲンカ」として話題にしています。

卜部功也は-60kg級王者として、3/4(金)の大会に出場が決まりました。対戦相手は誰になるのでしょうか。情報を待ちましょう。

卜部兄弟のブログはこちら

「K-1 WORLD GP IN JAPAN」世界最強トーナメントへの道

2016年大会の日程を見てみましょう。

2016/3/4(金)には-65kg級の日本代表をかけて8人が戦い、日本代表となった選手は、6/24(金)に世界の強豪8名が集まる大会で世界最強決定トーナメントが行われます。

なお、現在-65kgの王者は、木村”フィリップ”ミノルを破って初防衛に成功した、ゲーオ・ウィラサクレック(タイ、初代)。ムエタイの選手です。11月の試合の様子もぜひ動画でチェックしておいてください。

-60kgの同様の大会は、2016/4/24(日)に行われます。世界最強決定トーナメントは2016/9/19(月)と少し先になります。

「K-1 WORLD GP IN JAPAN」を見に行こう!

チケットキャンプ(チケキャン)ではK-1 WORLD GP IN JAPANのチケットを取扱中です。すでに熱い試合がたくさん行われ、これからもっともっと面白くなりそうです。あなたもお見逃しなく!

スポフリ編集部 イチ押し公演!

K-1 WORLD GP IN JAPAN

アプリならプッシュ通知が届く「スポーツ観戦定番アプリ」のチケットキャンプ(チケキャン)で!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。