全日本フィギュアスケート選手権2015 優勝候補を予想してみた!

12/24(木)から札幌で開催される、フィギュアスケートの日本No.1を決める、全日本フィギュアスケート選手権大会。大混戦が予想される全日本フィギュアスケート選手権大会、誰が優勝するのでしょうか?皆さんの予想は?

12/24(木)から札幌で開催される、フィギュアスケートの日本No.1を決める、全日本フィギュアスケート選手権大会

特にシングルは男女とも層が厚く、国際大会並み、またはそれ以上に激アツな試合が見られると期待されています。

グランプリシリーズでは羽生結弦の世界最高得点での優勝をはじめ、多くの日本人選手が表彰台に立ち、男女合計5人の選手がファイナルに進出しました(男子6名中3名、女子6名中2名)。

大混戦が予想される全日本フィギュアスケート選手権大会、誰が優勝するのでしょうか?皆さんの予想は?

全日本フィギュア:女子シングル優勝候補は宮原知子vs浅田真央?

グランプリシリーズ最終戦のNHK杯、女子シングルは宮原知子が優勝し、浅田真央は3位でした。しかし、浅田は中国杯で優勝するなど、円熟味と強さを見せています。グランプリファイナルは宮原と浅田の進出が決定しました。

2014年の全日本フィギュアスケート選手権大会、当時高校2年生の宮原は優勝し、浅田は休養中につき不出場でした。優勝争いは、ディフェンディングチャンピオンの宮原か、7度目の優勝を狙う浅田でしょう

成長中の宮原は、テレビ解説の荒川静香さんに「演技が大きくなった」と褒められ、進化を遂げています。小柄ですが、身長は150cmに達し、身長も成長中です。

全日本フィギュア:男子シングルは羽生結弦が圧勝で4連覇か

全日本フィギュアスケート選手権大会、男子シングルは羽生結弦が2014年まで3連覇しています。2015年に優勝すると、4連覇を達成することになります。

グランプリシリーズではスケートカナダでショートプログラムで出遅れても2位に入り、NHK杯は前人未踏の300点超えを達成し(322.40点)、圧勝しました。NHK杯、3位に無良崇人が入りましたが、無良は242.21点と、羽生よりも80点ほど低い得点でした。

なお、スケートアメリカで2位に入った宇野昌磨の得点は257.43点。スケートカナダで羽生に次いで3位に入った村上の得点は252.25点です。羽生、宇野、村上がグランプリファイナルに進出しています。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。