ありがとうマートン!阪神を退団したマット・マートン伝説を振り返る

ランディ・バースに続き、阪神タイガース最強助っ人外国人と愛されたマット・マートン。2015年シーズンをもって、マートンは6年間プレーした阪神タイガースを退団しました。マートンは記録にも記憶にも残る選手でした。いくつか振り返りましょう。

ランディ・バースに続き、阪神タイガース最強助っ人外国人と愛されたマット・マートン。

2015年シーズンをもって、マートンは6年間プレーした阪神タイガースを退団しました。ファンからは「ありがとう!」「お疲れ様!」の声が絶えません。

マートンは記録にも記憶にも残る選手でした。思い出はたくさんありますね。いくつか振り返りましょう。

阪神のマートン:真面目外国人、伝説の打者・バース超え!

2010年に阪神タイガースに入団したマット・マートン外野手。2010年からシーズン214安打の当時の安打数日本記録を更新し、活躍しました。2015年現在も、NPB右打者、外国人選手の最多安打記録を保持しています(左打者の日本人では秋山翔吾の216安打がトップ)。

在籍6年、通算832試合出場、1020安打は、阪神歴代外国人選手の中で最多です。

マートンは、試合中に相手投手や審判の特徴など細かくノートをとる勤勉な選手でした。ベンチでメモをするマートンの姿、テレビ中継でも度々抜かれましたね。応援席で「ノート見ろ マートン」の応援ボードが出たことも話題になりました。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。