井岡一翔も再び!2015年のKYOKUGENが楽しみで仕方ない

2015年で5年目を迎える、TBSの大晦日スポーツ特番「史上最大の限界バトル KOKUGEN 2015」。そして、ボクシング井岡一翔の世界タイトル防衛戦の生中継も決まりました。井岡は第1回のKYOKUGEN2011から毎年参戦しています。

2015年で5年目を迎える、TBSの大晦日スポーツ特番「史上最大の限界バトル KOKUGEN 2015」。

TBS横山英士プロデューサーが「最大&最強の対決」と胸を張る魔娑斗 vs KIDの11年ぶりの対決、大きな話題になっていますね。

そして、ボクシング井岡一翔の世界タイトル防衛戦の生中継も決まりました。井岡は第1回のKYOKUGEN2011から毎年参戦しています。2015年は、KYOKUGEN史に残る因縁の対決になりそうです。

KYOKUGEN 2015:井岡一翔の世界タイトル防衛戦、相手は

WBA世界フライ級・井岡一翔が2015年もKYOKUGENに戻ってきます。

井岡は2014年に世界フライ級に転向。その前はミニマム級、ライトフライ級の王者でした。

2015/4/22(水)、念願のフライ級王者になり、3階級で王者を達成しました。その時の対戦相手が、当時の王者だったファン・カルロス・レベコ(アルゼンチン)でした。9/27(日)、WBA世界フライ級10位のロベルト・ドミンゴ・ソーサ(アルゼンチン)と対戦し、初防衛。

そして大晦日、エディオンアリーナ大阪で、井岡 vs レベコと対戦が再び行われます。

KYOKUGEN 2015:井岡 vs レベコ再戦の事情

これまで8度の防衛に成功し、井岡戦で9度目の防衛に失敗したレベコ。井岡は2-0で判定勝ち(114-114、116-113、115-113)でしたが、レベコ陣営は判定内容を不服とし、WBAに「再戦」を要望していました。

これを受け、WBAも井岡、レベコに再戦をオーダーしました。そして、KYOKUGEN2015の時間帯に試合が行われます。これぞ因縁の対決!

井岡陣営は11/6(金)、レベコとの再戦を発表しました。井岡も「1度勝っているので、負ける気がしない」「今度はKO勝ち」「返り討ちにしてやる」と強気なコメントです。

KYOKUGEN 2015:井岡 vs レベコ再戦、ファンの反応は

KYOKUGEN 2015で予定している井岡 vs レベコ再戦、ファンからも歓迎の声が殺到しています。

レベコは防衛8回の実績を誇る一方で、井岡はプロとしてたった18戦という最速で3階級を制覇しました。ファンも、「井岡は強い」と認めた上で、もっとキャリアを重ねてほしいと願っています。

そして、「こういう宿題のような試合は、いいと思う」「井岡にとってプラスになる試合」「レベコも引退をかけて飛ばしてくるだろう」と、さまざまな分析をしています。もちろん、「完勝」を期待するファンもたくさんいます。

井岡 vs レベコ、魔娑斗 vs KIDともに、激アツです。

KYOKUGENのオススメ記事

2015年大晦日はKYOKUGENも見逃せない!

チケットキャンプ(チケキャン)では大晦日のKYOKUGEN2015のチケットを取り扱っています。欲しいチケットが出品されていない場合は、リクエスト機能を使ってぜひ譲ってくれる人を探してみてくださいね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。