人気急上昇中!バレーボールVプレミアリーグの会場を紹介

男子、女子ともに10月から開幕した、バレーボールVプレミアリーグ。男女ともに8チームが所属するVプレミアリーグの特徴の一つとして、試合会場の方式を挙げることができます。ここでは、今シーズンの試合会場をいくつかご紹介します。

男子、女子ともに10月から開幕した、バレーボールVプレミアリーグ

男女ともに8チームが所属するVプレミアリーグの特徴の一つとして、試合会場の方式を挙げることができます。

プロ野球やサッカーと異なり、ホーム・アウェー方式ではありません。男女とも、4チームが2カ所に分かれて開催する、セントラル方式が原則です。会場の中には、所属チームのホームタウンで行われる試合も含まれます。ここでは、今シーズンの試合会場をいくつかご紹介します。

Vプレミアリーグの会場:大田区総合体育館(東京都大田区)

側面に「V」の字が重ねられた印象的なデザインの大田区総合体育館は、2012年に竣工されました。旧大田区体育館時代から各種スポーツイベントで親しまれてきた会場です。Vプレミアリーグのほかには、プロレスやボクシング、バスケットボールなどプロスポーツの試合が幅広く行われています。

JR「蒲田」駅からは徒歩約15分、「京急蒲田」駅からは徒歩約7分の立地にあります。京急からは梅屋敷駅からも便利です(徒歩約5分)。

男子、女子ともにレギュラーラウンド、ファイナルラウンドの会場として何回も使用される予定です。

Vプレミアリーグの会場:ウィングアリーナ刈谷(愛知県刈谷市)

刈谷市総合運動公園内のウィングアリーナ刈谷は、Vプレミアリーグの男女ともに、レギュラーラウンドで使用される予定です。特に女子はレギュラーラウンド最終週(1/23(土)、1/24(日))の会場となっています。

愛知県にもさまざまなプロ・アマスポーツチームがありますが、ウィングアリーナ刈谷はバスケットボールやハンドボール、フットサルなどの試合会場としても使われています。

駐車場もありますが、施設では公共交通機関の使用を推奨しています。電車でのアクセスはJR・名鉄の「刈谷」駅が最寄りで、試合日にはシャトルバスが無料運行されます。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。