ガンバ大阪、新スタジアムの竣工式を開催!ファンの反応は

10/10 (土)、2016年のシーズンから使用開始予定の新スタジアム「市立吹田サッカースタジアム」の竣工式を行った、ガンバ大阪。新スタジアムの竣工式、多くのガンバ大阪サポーターが出席しました。出席した皆さんの反応は、どうだったでしょうか。

10/10 (土)、2016年のシーズンから使用開始予定の新スタジアム「市立吹田サッカースタジアム」の竣工式を行った、ガンバ大阪

140億円かけて建設された4万人収容の専用スタジアムは、サポーターたちも「募金」で建設に協力しました。

そんな新スタジアムの竣工式、多くのガンバ大阪サポーターが出席しました。出席した皆さんの反応は、どうだったでしょうか。

ガンバ大阪の新スタジアム:サポーターが「祝 竣工」コレオ

2013年12月から建設を始めたガンバ大阪の新スタジアムのお披露目!ガンバーサポーターたちも、この日が来るのを心から待っていた瞬間でした。

6階建て、約4万人収容の専用スタジアムの竣工式には、関係者など約4,000人が集まりました。招待客の中には、建設費を寄付した多くのサポーターもいました。

席に座ったサポーターたちは、クラブカラーの青を背景に、白い文字で「祝 竣工」のコレオグラフィー(人文字)を完成させ、竣工を祝いました。

電光掲示板には試合当日さながら「本日の入場者数 4,394人でした ご来場ありがとうございました」の粋な演出も。サポーターとともに歴史的な1日が過ぎていきました。

歴史の一部に立ち会われた皆さん

A photo posted by Masaki Shimozono (@brazileaks) on


ガンバ大阪の新スタジアム:「ピッチまで近い!感動!」

2015年までホームスタジアムとして使っている万博記念競技場は、陸上競技場併設の事情もあり、スタンドとピッチの距離がかなりありました。

しかしガンバ大阪の新スタジアムは、サッカー専用スタジアムです。スタンドとピッチの距離は約7メートル。たったの7メートルです!

竣工式に訪れたサポーターは、自身の目で「近さ」を実感し、感動していました。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。