松本山雅FCの名物サポーターを動画で紹介!

J1リーグ1年目の2015年、反町康治監督が掲げる「日本のトップ15」(J1残留)を目指して戦っている、松本山雅FC。注目度がアップしたのが、サポーターの半端ない熱量!動画などでもたびたび話題になっていますね。

J1リーグ1年目の2015年、反町康治監督が掲げる「日本のトップ15」(J1残留)を目指して戦っている、松本山雅FC

J1リーグになって注目度がアップしたのが、サポーターの半端ない熱量!動画などでもたびたび話題になっていますね。

ここでも、話題になったサポーターを紹介したいと思います。少し懐かしい映像もあるでしょう。早速お楽しみください。

地域リーグ時代から松本山雅FCを支えてきたサポーターたち

動画は、映画「クラシコ」のトレーラーです。松本山雅FCと信州のライバルクラブ、AC長野パルセイロとの試合(クラシコ)など、2009年の地域リーグ(北信越リーグ)時代の選手や監督、サポーターを追いかけたドキュメンタリー映画です。

クラシコ [DVD]をAmazonでチェック!

6年前にまだ松本山雅FCが地域リーグにいたこと自体を驚く人もいるでしょう。JFLのさらに下、現在の5部に相当する位置ですから。

地域リーグ時代の応援の様子や居酒屋など地域の様子を見ると、地元に密着し、サポーターが定着した現在の姿に納得するのでは。2011年3月に公開され、現在も全国でたびたび上演されている映画です。なお、DVDで見ることもできます。

▶︎ クラシコ [DVD]をAmazonでチェック!

松本山雅FCのゴール裏にイチローが登場!?

メジャーリーガー・イチローのものまね芸人、長野県飯田市出身のニッチロー’も、松本山雅FCのサポーターです。

ここでは、ニッチロー’さんが松本山雅FCのサポーター席にいるときの動画を紹介します。イチローの野球キャップ、イチローの背番号をつけた山雅ユニフォームという格好です。

試合前、トラメガをバットにし、イチローのバッティングフォームのモノマネから、サポーターへのあいさつ、「信濃の国」合唱の音頭を取る様子まで、見とれてしまいます。さすがニッチロー’!

なお、ニッチロー’は自身のブログで松本山雅FCへの思いを綴っています。熱いです。

▶︎ ニッチロー’さんのブログはこちら

ブエノスアイレスから松本山雅FCを応援!

こちらは1年ほど前にヤフーでも話題になった動画です。

アルゼンチン・ブエノスアイレス在住のサポーターが、松本山雅FCの公式facebookに投稿したもの。ギターに合わせて、途中からは日本語で、カメラ目線で「マツモト!俺の誇り!」と熱く歌っています。

この歌は、松本山雅FC勝ったときだけ歌うことができるサポーターソング「勝利の街」です。先に紹介した「クラシコ」のトレーラーの1分20秒あたりからも聴くことができます。

歌の元ネタは、アルゼンチンの有名な歌手ラ・モナ・ヒメネスによる「Beso a Beso」。ラテンチックな濃いラブソングが日本では、地元愛に満ち溢れたサッカークラブの応援歌になっているのです。

松本山雅戦の他のオススメ記事

Jサポーターから大注目の松本山雅FC戦、スタジアムで見るべし!

以前から熱くてあったかいサポーターに支えられている松本山雅FC。テレビや動画などからもサポーターの迫力は伝わってくると思いますが、ぜひ生で行ってみてください。チケットキャンプ(チケキャン)では松本山雅FCのチケットを取扱中です。ぜひチェックを!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。