クライマックスシリーズの呪いを克服した福岡ソフトバンクホークス

2014年は福岡ソフトバンクホークスが制した、パ・リーグのクライマックスシリーズ。強いホークスを見せた2014年でしたが、かつては7年もの間「クライマックスの呪い」と呼ばれたジンクスがありました。

2014年は福岡ソフトバンクホークスが制した、パ・リーグクライマックスシリーズ

ソフトバンクはセ・リーグ2位から日本シリーズに出場した阪神タイガースを倒し、日本一に輝きました。

強いホークスを見せた2014年でしたが、かつては7年もの間「クライマックスの呪い」と呼ばれたジンクスがありました。セ・パともに下剋上が起こる、クライマックスシリーズならではの話です。

パ・リーグ優勝記念 福岡ソフトバンクホークス2014シーズンDVD『FOR THE FANS ホークス王座奪還の軌跡』をAmazonでチェック!

パ・リーグ優勝記念 福岡ソフトバンクホークス2014シーズンDVD『FOR THE FANS ホークス王座奪還の軌跡』をAmazonでチェック!

クライマックスシリーズの呪い、いつからいつまで?

パ・リーグでクライマックスシリーズの前身である「プレーオフ」が始まったのは、2004年のことです。2004年と2005年は福岡ソフトバンクホークスがパ・リーグ1位でしたが、2年連続でプレーオフに敗退してしまいました。2006年はリーグ3位。2位の西武ライオンズに勝ち、1位の北海道日本ハムファイターズに勝つことができず、初のプレーオフ制覇はなりませんでした。

クライマックスシリーズという名前に変わった2007年からも、勝てない年が続きました。2007年と2009年はリーグ3位からファーストステージ敗退。2010年はリーグ1位で、1勝アドバンテージがついていたものの、千葉ロッテマリーンズに敗退してしまいました。日本シリーズに王手をかけてから、3連敗してしまったのです。

プロ野球ファンからは、「秋の風物詩」「秋の恒例行事」と揶揄されてきましたが、もう過去の話。リーグ1位で挑んだ2011年、やっとCSを初制覇、日本一にもなりました。2014年もCS制覇、日本一になっています。

2014年、クライマックスシリーズに勝ったソフトバンク

2014年、リーグ優勝がソフトバンク。出場した2位チームは、6年ぶりのクライマックスシリーズ出場を決めたオリックス・バファローズ、3位が日本ハムでした。ファーストステージ、打撃戦も投手戦も繰り広げた混戦でしたが、勝ち上がったのは日本ハムでした。

ファイナルステージはソフトバンクをホームに試合が行われました。ソフトバンクと日本ハム、2012年と同じカードです。2012年は、リーグ1位日本ハムがアドバンテージ1勝からの3連勝で圧勝でした。2014年の日本ハムは、3位からの日本シリーズ進出を目指して福岡で戦うことになりました。

2014年のファイナルステージは、最終戦までもつれ込む混戦となりました。日本ハムはファーストステージを含めると、9試合も戦ったことになります。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。