WBSC世界野球プレミア12、第1回大会が開催!

2015年から始まる、4年に1度の野球の世界大会、WBSC世界野球プレミア12。「どんな大会?」と、知らない人もまだ多いと思いますので、概要や選手候補をご紹介しましょう。

2015年から始まる、4年に1度の野球の世界大会WBSC世界野球プレミア12

11/8(日)に行われる開幕戦は札幌ドームで、台湾ラウンドを挟んで、準決勝・3位決定戦・決勝が東京ドームで行われます。

我らが侍ジャパンも、9/10(木)にはトップチーム代表候補45名が発表され、プロ野球のシーズン中ですが、盛り上がっていますね。

「どんな大会?」と、知らない人もまだ多いと思いますので、概要や選手候補をご紹介しましょう。

WBSC世界野球プレミア12ってどんな大会?

WBSC世界野球プレミア12とは、世界12か国の国と地域が集まる、世界大会です。4年に1度行われます。

国の選出方法は、招待制です。世界野球ソフトボール連盟(WBSC)によって、ユース年代の成績も含めた国際大会の成績によって決められます。サッカーなどのように、予選があるわけではありません。

今回の参加国は次の通り。日本、アメリカ合衆国、キューバ、チャイニーズタイペイ(台湾)、 オランダ、ドミニカ共和国、カナダ、韓国、プエルトリコ、ベネズエラ、イタリア、メキシコ。

プロの野球選手が参加する大会ですが、残念ながらMLBの選手は派遣されないことが決まりました。アメリカでプレーする選手は、3A以下の選手が選ばれることになります。つまり、イチローやマー君、青木宣親、岩隈久志らが侍ジャパンに入れません。日本も含め、アメリカ代表など、メジャーリーガーを多く輩出している国に影響が出ることになるでしょう。

WBSC世界野球プレミア12の選手候補は?

WBSC世界野球プレミア12の候補となっている選手は、日本プロ野球のペナントレースで活躍する選手ばかりです。

9/10(木)に発表された、侍ジャパントップチームロースター候補45名は、皆さんご存知のメンバーでしょう。タイトル争いで活躍中の福岡ソフトバンクホークス・柳田悠岐や北海道日本ハムファイターズ・大谷翔平、東京ヤクルトスワローズ・山田哲人など。新人では横浜DeNAベイスターズの山崎康晃など。若い選手が多く選ばれましたが、広島東洋カープ・黒田博樹のようなベテランもいます。

なお、最終ロースターでは28名に絞られます。10月上旬に発表予定ですので、もう少々お待ちくださいね!

▶︎ 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。