今年は長野で!NHK杯国際フィギュアスケート、11月に開催

11/27(金)~11/29(日)の間に開催される、NHK杯国際フィギュアスケート。2015年大会は、長野県長野市のビッグハットで開催されます。ここではアクセスや席など、会場の情報を中心にご紹介したいと思います。

11/27(金)~11/29(日)の間に開催される、NHK杯国際フィギュアスケート

2015年大会は、長野県長野市のビッグハットで開催されます。羽生結弦や競技に復帰した浅田真央など、日本の選手も次々と出場を発表していますね!

ビッグハットは、1998年に行われた長野五輪のアイスホッケー会場として建設されました。NHK杯は2009年大会以来、6年ぶりの開催となります。

ここではアクセスや席など、会場の情報を中心にご紹介したいと思います。

NHK杯国際フィギュアスケート:会場へのアクセス

ビッグハット(正式名称は「長野県市若里多目的スポーツアリーナ」)は、長野五輪や過去のNHK杯などで訪れたファンも多いかもしれません。もちろん、初めての人も多いと思いますので、ここでアクセスをご紹介します。

電車での最寄り駅は、長野駅となります。駅からは車で10分ほどの距離となります。長野駅からはバス、またはタクシーの利用が便利です。

例えばアルピコ交通バスに乗ってビッグハットに行く場合は、次のとおり。長野駅善光寺口を出て、2番乗り場から、路線番号21番の日赤経由、松岡行きまたは大塚南行きに乗り、「ビッグハット」停留所で下車します。下車すると、徒歩1分で到着します。

長電バスは善光寺口も東口もビッグハットに行くことができるバスがあります。詳しくはNHK杯公式などもご参考に。

▶︎NHK杯公式

NHK杯国際フィギュアスケート:長野駅善光寺口に注目

長野駅からNHK杯国際フィギュアスケートに行かれる方が多いかと思いますが、長野駅の善光寺口をぜひチェックしてみてください。2015年は北陸新幹線の開業、そして、善光寺御開帳イヤーが重なり、善光寺口がリニューアルされました。

善光寺口は何といっても、シンボルである大庇・列柱が特徴です。高さは約18m、長さ140mもあります。近くから、そして遠くから時間をとって眺めてみる価値があるでしょう。善光寺口からは少しがんばれば、徒歩で善光寺に行くことができます。スケート観戦のついでに善光寺参り、いかがでしょうか。

なお、東口はリニューアルされておらず、放送局が近くにあるなど、どちらかというと商業地の雰囲気です。

NHK杯国際フィギュアスケート:会場の座席は

ビッグハットの席図はNHK杯国際フィギュアスケートの公式サイトでも発表されています。アイスリンクを囲んで、アリーナ席、S席、A席の3種類に分かれています。

チケット料金は次のとおりです。

  • アリーナ
    14,000円
  • スタンドS
    12,000円
  • スタンドA
    8,000円

※全席指定・税込

(引用元 : NHK杯国際フィギュアスケート )

なお、NHK杯はJTBや近畿日本ツーリストが観戦ツアーを企画しています。ホテルや観戦チケットが一気に手配できる点が、便利そうですね。

フィギュアスケートのオススメ記事はこちら

さあ、長野へ!NHK杯国際フィギュアスケートの応援へ

チケットキャンプ(チケキャン)ではNHK杯国際フィギュアスケートのチケットを取扱中です。11月の長野、東京の冬のような気候ですから、服装のご準備もしっかりと。どうぞ楽しんできてくださいね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。