藤浪はどうなる?阪神タイガース、個人タイトルにも注目

セ・リーグで優勝争いをしている、阪神タイガース。チームの勝利とともに、個人タイトルが取れるかどうかも気になるところですよね。ここでは、阪神タイガースの投手部門や打撃部門の個人成績についてチェックしてみたいと思います。

セ・リーグで優勝争いをしている、阪神タイガース

チームの勝利とともに、個人タイトルが取れるかどうかも気になるところですよね。

ここでは、阪神タイガースの投手部門や打撃部門の個人成績についてチェックしてみたいと思います。

阪神タイガース・藤浪晋太郎は最多勝に届くか?

阪神タイガース・藤浪晋太郎は、高卒で入団してプロ3年目です。1年目、2年目に続き、3年連続で2桁勝利を記録しています。立派ですね。

勝利数と奪三振数でトップに位置する藤浪。「セ・リーグ最多勝」を期待するファンもたくさんいるはずです。さらに、パ・リーグでは藤浪と同学年の日本ハム・大谷翔平が最多勝候補に。同学年同士の最多勝も期待されています。

なお、藤浪の最多勝争いのライバルは、中日ドラゴンズの大野雄大になるでしょう。

阪神タイガース・呉昇桓は2年連続最多セーブ数へ!

阪神タイガース・呉昇桓(オ・スンファン)は外国人投手としては史上初めて来日2年目で連続30セーブを達成。8月には日韓通算350セーブに到達しました。

頼れる「スンさん」、来日1年目の2014年に続き、セーブ王が近づいています。2位のバーネット(ヤクルト)や山崎康晃(DeNA)に差をつけて、セーブ数トップです。

また、ホールド数でトップの福原忍の活躍も、ファンは見逃していません。もしも阪神タイガースがリーグ優勝した場合、藤浪とともに、スンさんや福原をMVPに推すファンもいます。

個人成績はこちらでもご覧になれます。

個人成績の詳細はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。