FIVBワールドカップバレーボール2015 男子大会・日本戦の会場をご紹介

熱戦が続く、FIVBワールドカップバレーボール2015。上位2チームにリオデジャネイロ五輪の出場権が与えられる国際大会、女子大会の後は、男子大会も引き続き応援したいですね!本日は日本戦が行われる各地の会場についてアクセスなど解説します。

熱戦が続く、FIVBワールドカップバレーボール2015

上位2チームにリオデジャネイロ五輪の出場権が与えられる国際大会、女子大会の後は、男子大会も引き続き応援したいですね!

ワールドカップバレーボールは東京だけではなく、全国各地の会場で行われます。「コンサートや他のスポーツ観戦で行ったことがある!」というリピーターもいれば、「初めて行く場所から迷ってしまう」なんて人もいるのではないでしょうか。

ここでは、日本戦が行われる各地の会場についてアクセスなど解説したいと思います。

FIVBワールドカップバレーボール2015会場:広島グリーンアリーナ

広島市の広島グリーンアリーナ(広島県立総合体育館)では、9/8(火)~9/13(日)の間にワールドカップバレーボールの試合が開催されます。日本戦はいずれも19時から。約1万人が収容できる、大きなアリーナです。

広島グリーンアリーナは、広島駅からもアクセスが便利です。広島城がすぐそば、そして、旧市民球場が隣に。原爆ドームや平和記念公演も近くにあります。周辺にはホテルがいくつもありますし、泊まりでの遠征にも適した場所でしょう。

広島駅からは路面電車に乗り、「紙屋町西」停留所を下車しましょう。

ちなみに9/8(火)~9/10(木)はマツダスタジアムでプロ野球セ・リーグ、広島東洋カープ対中日ドラゴンズの試合があります。駅などで、カープファンや中日ファンを見つけるかもしれませんね。

FIVBワールドカップバレーボール2015会場:大阪市中央体育館

大阪市中央体育館では、9/16(水)~9/18(金)の間にワールドカップバレーボールの試合が開催されます。日本戦はいずれも19時から。こちらも、1万人収容のアリーナです。

大阪市中央体育館の最寄り駅は、大阪市営地下鉄中央線「朝潮橋」(あさしおばし)駅です。2番A出口下車して、西方面に3分ほどで到着します。コスモスクエア方面に1駅先を行くと大阪港駅で、「海遊館」など遊べる場所があります。

ちなみに、大阪で体育館といえば、大相撲の会場を思いつく人もいるでしょう。しかし、大相撲が開催される体育館は、大阪府立体育館(エディオンアリーナ大阪)で、大阪市中央体育館とは別の場所です。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。