四冠王も!?ヤクルト山田哲人、球界最強打者へ爆走中

2015年、クライマックスシリーズを狙える位置で戦っている、東京ヤクルトスワローズ

功労者として挙げたい一人が、23歳の山田哲人でしょう。8/22(土)、神宮球場で行われた中日ドラゴンズ戦では、4打席連続ホームランという、なかなか見られない大記録を達成しました。これは、プロ野球タイ記録です。

山田の魅力はホームランだけではありません。何でもできちゃう選手に2015年、数々の記録の期待がかかっています!

東京ヤクルトスワローズ・山田哲人に期待される「トリプルスリー」

打率3割以上、本塁打30本以上、盗塁30個以上。東京ヤクルトスワローズ・山田哲人には「トリプルスリー」の記録が期待されています。

打率3割以上は余裕で超えていますし、本塁打も30本を超えました。残すは、盗塁のみ。このままのペースでいけば、30盗塁も超えるのでは、とファンも期待しています。

日本プロ野球でトリプルスリーを達成した選手は、秋山幸二や野村謙二郎など、わずか8人。2002年の松井稼頭央(西武ライオンズ)以来、達成者がいません。セ・リーグでは2000年の金本知憲(広島東洋カープ)が最後です。

東京ヤクルトスワローズ・山田哲人に期待される「三冠王」

打者部門では、首位打者・最多本塁打・最多打点を達成する「三冠王」。野村克也、王貞治、落合博満、ランディ・バースなど、一握りのスターのみが勝ち取った称号です。

東京ヤクルトスワローズ・山田哲人はこの3部門においてすべて1位の射程圏内にいます。

三冠王は2004年、松中信彦(ダイエーホークス)以来11年ぶりの記録になります。セリーグでは、1986年のランディ・バース(阪神タイガース)以来、29年ぶりとなります。山田ならやってくれそう、そんなワクワク感があります。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。