楽天ジャパンオープンテニス出場の錦織圭、2015年の快進撃を振り返る

2014年は錦織圭が2度目の優勝を達成した、楽天ジャパンオープンテニス。 2015年大会も錦織の連覇が期待されています。 まだ2015年シーズンの途中ですが、錦織の快進撃を振り返ってみましょう。

2014年は錦織圭が2度目の優勝を達成した、楽天ジャパンオープンテニス

2015年大会も錦織の連覇が期待されています。

2015年、錦織はすでにツアー3勝目。楽天ジャパンオープンテニスまでにさらに勝つのではないかと、ファンも期待しています。

まだ2015年シーズンの途中ですが、錦織の快進撃を振り返ってみましょう

楽天ジャパンオープンテニス出場の錦織圭、2015年はツアー3勝

2015年、錦織圭はATPワールドツアーで3度優勝しています。2月、アメリカで行われたメンフィス・オープン(250シリーズ)、4月、スペインで行われたバルセロナ・オープン(500シリーズ)、8月、アメリカで行われたシティ・オープン(500シリーズ)です。準優勝も2回。シングルが2月のメキシコ・オープン(メキシコ)、ダブルスでも1月のブリスベン国際(オーストラリア)で記録しています。

シングルスのツアー優勝はこれまで通算10回です。日本人では女子(WTAツアー)のクルム伊達公子が8回優勝していますが、クルム伊達の記録を2015年、錦織は抜きました

メンフィス・オープンでは3連覇、バルセロナ・オープンでは2連覇を達成しています。そうなると、楽天ジャパンオープンテニスでも「連覇してほしい!」と、期待してしまいますね。

楽天ジャパンオープンテニス出場の錦織圭、ナダルに初めて勝つ

錦織圭の2015年、どうしても勝ちたかった相手に勝つことができた試合がいくつもあります。

例えば、怪我明けから出場し、優勝した8月のシティ・オープンでは、マリン・チリッチ(クロアチア)との対戦が注目されました。2014年、ファイナリストになった全米オープン(四大大会)で錦織に勝って優勝した相手です。シティ・オープンでは準決勝でチリッチと対戦し、見事勝利しました。

優勝しなかった試合でも、印象に残る勝利があります。8月、カナダで行われたロジャーズ・カップでは、ビッグ4の一人、ラファエル・ナダル(スペイン)に初めて勝利しました。過去7回の対戦ですべて負けており、なんと、8度目の正直でした。錦織はキャリアを通じて、ノヴァック・ジョコビッチ(セルビア)、ロジャー・フェデラー(スイス)、アンディ・マレー(イギリス)、そして最後にナダルと、ビッグ4全員から勝利を収めたことになります。

楽天ジャパンオープンテニスでは、ビッグ4との対決も楽しみですね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。