FIFAクラブワールドカップ2015の出場クラブを紹介

3年ぶりの日本開催となったFIFAクラブワールドカップ2015。今回はこれまでに発表された出場クラブや有名な選手注目の選手をご紹介します。なお開催国代表(日本のクラブチーム)アジア代表アフリカ代表の3クラブは11月~12月の間に決まります。

3年ぶりの日本開催となった、FIFAクラブワールドカップ2015

今年は大阪と横浜で開催されることになりましたが、どのクラブがやってくるのでしょうか。

スペインからは、欧州チャンピオンとしてバルサことバルセロナも来ます!これまでに発表された出場クラブや有名な選手、注目の選手をご紹介しましょう。

なお、開催国代表(日本のクラブチーム)やアジア代表、そしてアフリカ代表の3クラブは11月から12月の間に決まります。楽しみですね。

※移籍や退団、コンディションなどの都合で、紹介した選手がすべて来日するとは限りません。

FIFAクラブワールドカップ2015出場クラブ:南米代表リーベルプレート(アルゼンチン)

リーベルこと、南米代表のリーベルプレート(アルゼンチン)は、コパ・リベルタドーレスを制覇して、FIFAクラブワールドカップ2015の出場権を獲得しました。国内のボカ・ジュニアーズや、ブラジルなど各国の強豪を破って優勝。前回の優勝はクラブW杯開催前の1996年でしたので、初めてクラブ世界一決定戦の舞台に立つことになります。白地に赤いたすき掛けデザインのユニフォームでお馴染みです。

選手のトピックスとしては、FWハビエル・サビオラが2015年に復帰したことでしょう。FCバルセロナ(スペイン)など海外に活躍の場を移したのち、2001年以来の古巣復帰です。一つ残念なのは、リーベルやベンフィカで一緒に戦った、サビオラの親友パブロ・アイマールがケガにより引退したこと。アイマールを見たかったファンは、日本でも多かったはずです。

監督は2014年に就任した、1976年の若い監督、元アルゼンチン代表MFマルセロ・ガジャルド。就任からわずか1年で、国内や国際タイトルを取りまくり、勢いに乗っています。

なお、リーベルプレート8月にも来日しています。8/11(火)、スルガ銀行チャンピオンシップでコパ・スダメリカーナ(欧州のヨーロッパリーグ相当)王者としてガンバ大阪と対戦したからです。その時は、背番号の下にカタカナ表記で選手名を書いたユニフォームを用意し、日本のサッカーファンを驚かせました。FIFAクラブワールドカップ2015はどんなサプライズがあるでしょうか?

FIFAクラブワールドカップ2015出場クラブ:欧州代表バルセロナ(スペイン)

皆さんおなじみのバルサが、3年ぶりにクラブワールドカップに出場します。優勝候補と言って良いでしょう。FCバルセロナはUEFAチャンピオンズリーグという欧州のトップクラブが争うリーグ戦に優勝し、出場権を獲得しました。

2014-15シーズンはリーグ戦もカップ戦も優勝しました。チャンピオンズリーグも含めて主要タイトル「3冠」を獲得したのは、2回め欧州のクラブでは史上初のことです。

メンバーは2015-16シーズンもスペインや南米など各国代表で活躍するスター選手が何人もいます。リオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマール(3人合わせて「MSN」)、地元出身のジェラール・ピケ、リーベルプレートOBのハビエル・マスチェラーノ、前回大会では東京の地下鉄に乗ったことで話題になった、アンドレス・イニエスタなど。GKのクラウディオ・ブラーボはチリ代表として、2015年のコパ・アメリカ(南米選手権)で優勝したばかりです。なお、功労者のシャビは、2014-15シーズンで退団しました。シャビの背番号6は、ダニエウ・アウヴェスが引き継ぎました。

なお、2015-16シーズンはFIFAから「補強禁止処分」が出ているため、この夏補強した選手もいるのですが、彼らは2016年1月に選手登録されます。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。