錦織圭のライバル!楽天ジャパンオープンテニス、出場選手を紹介

10/3(土)から10/11(日)まで、東京・有明で開催される、男子プロテニスの試合・楽天ジャパンオープンテニス。3度目の優勝を狙う日本の錦織圭以外にも、トッププレイヤーたちの出場が発表されています。

10/3(土)から10/11(日)まで、東京・有明で開催される、男子プロテニスの試合・楽天ジャパンオープンテニス

3度目の優勝を狙う日本の錦織圭以外にも、トッププレイヤーたちの出場が発表されています。

今年四大大会を優勝した世界のトップ選手もいます。早速ご覧いただきましょう。

楽天ジャパンオープンテニス出場選手:スタン・バブリンカ

スイスのスタン・ワウリンカは、かつてはスタニスラス・ワウリンカと呼ばれていましたが、2014年5月から登録名を愛称の「スタン」に変更した選手です。

なお、「ワウリンカ」は英語読みです。Wawrinkaを現地の読み方にすると「バブリンカ」、「w」は濁る発音なのですが、2014年、ワウリンカはアドバイザリー契約を結んでいるヨネックスを通じてメディアにお願いしました。これは日本人にとって読みやすさを配慮したとも言われています。

世界ランキングが錦織と近く、同じくスイスのロジャー・フェデラーらビッグ4の牙城を崩しつつある選手です。2015年の全豪オープンでは、準々決勝で錦織と対戦し、勝っています。

ワウリンカが錦織より勝っている点、それはグランドスラムの優勝経験でしょう。2014年は全豪オープン、2015年は全仏オープンで優勝しています。スイス代表としても、2008年の北京五輪の金メダルや2014年のデビスカップの優勝に貢献しています。

楽天ジャパンオープンテニス出場選手:グリゴール・ディミトロフ

ブルガリアのグリゴール・ディミトロフは、片手打ちのバックハンドが特徴の選手です。錦織やミロシュ・ラオニッチ(カナダ)と年代が近く、さらなる活躍が期待されています。

私生活ではロシアのマリア・シャラポワとの交際を公にしていました。2年にわたり交際を続けてきましたが、この夏、破局をメディアに公表しました。

さらにディミトロフは7月にロジャー・ラシードとコーチ契約を解消。2013年10月にツアー初優勝を挙げ、2014年には最高位の8位までランキングを上げ、公私ともども上昇中に見えました。しかし2015年シーズンは、試合で思うような結果が出ない状態が続きました。公私ともに新しいスタートを切ったディミトロフ、楽天ジャパンオープンテニスの頃には吹っ切れているでしょうか。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。