ライバル徹底予習!フィギュア ジャパンオープンの海外選手を紹介

浅田真央の復帰戦となった、2015年のフィギュア ジャパンオープン。 日本の浅田真央や宮原知子のほかに、北米チームや欧州チームの出場選手が発表されています。 女子選手の中には、2016年の平昌五輪に向けて浅田や宮原のライバルになる選手も。

浅田真央の復帰戦となった、2015年のフィギュア ジャパンオープン

日本の浅田真央や宮原知子のほかに、北米チームや欧州チームの出場選手が発表されています。

女子選手の中には、2016年の平昌五輪に向けて浅田や宮原のライバルになる選手も。早速ご紹介しましょう。

フィギュア ジャパンオープンに参戦:アシュリー・ワグナー

2014年のソチ五輪で団体銅メダルを獲得、2015全米チャンピオンのアシュリー・ワグナーは、北米チームに名を連ねました。

浅田真央よりも1歳年下のワグナーは、2014年のソチ五輪終了後に、平昌五輪を目指し、休まずに競技活動を続けてきました。

フィギュア ジャパンオープンの前には、ザ・アイスに初登場しました。さらに、2009年に銅メダルを獲得したNHK杯の参戦も表明しています。浅田とアイスショーに共演したワグナーがジャパンオープンではライバル。楽しみな対戦になりますね。

ちなみにワグナーは浅田の表現力を高く評価しています。ワグナーや浅田の世代はベテランに入り、引退する選手も多いそう。浅田の競技復帰は「大歓迎」とメディアにも話していますよ。

フィギュア ジャパンオープンに参戦:グレイシー・ゴールド

2014年のソチ五輪でワグナーとともに団体銅メダルを獲得、2014全米チャンピオンのグレイシー・ゴールドも、北米チームに名を連ねました。

1995年生まれのゴールドは、10代の頃から全米のトップ選手として活躍してきました。そんなゴールド、「大好き」なスケーターの一人として、浅田真央を挙げています。バンケットでの2ショット、かわいいですね。日本でもゴールドのツイッターやインスタグラムを見ているファンがたくさんいます。日本でも「かわいい」「美人すぎる」と評判のスケーターです。

ゴールドはインタビューで、「日本のファンは素晴らしい」「寿司と刺身が好き」と話し、日本は大好きなようです。フィギュア ジャパンオープンでも、のびのびとした演技を見せ、北米チームに貢献するのではないでしょうか。

フィギュア ジャパンオープンに参戦:アデリナ・ソトニコワ

アデリナ・ソトニコワ(ロシア)は18歳の時2014年のソチ五輪で金メダルを獲得しました。その後、ケガにより2014-15シーズンは休養しましたが、2015年、フィギュア ジャパンオープンの欧州チームに加わりました。7月には浅田真央やワグナーらとともに、ザ・アイスにも出演しましたね。

ソトニコワの強みはジャンプです。女子選手の中では、イリーナ・スルツカヤ(ロシア)、安藤美姫に次いで、3Lz+3Lo(トリプルルッツ+トリプルループのコンビネーションジャンプ)を成功させた選手です。

1年競技を休んで復帰するのは、浅田真央と同じですね。もちろん、ジャパンオープンは試合ですから、アイスショーとは違う姿を見せてくれるでしょう。どんなスケーティングを見せてくれるのでしょうか。ワクワク、ドキドキです。

フィギュア ジャパンオープンの他のオススメ記事

フィギュア ジャパンオープン、さまざまな思いを胸に選手が来日します。

フィギュア ジャパンオープン、浅田真央の復帰も楽しみですし、浅田真央の復帰を楽しみにしていた選手、自らの復帰に期待する選手たちの活躍も楽しみですね。チケットキャンプ(チケキャン)ではフィギュア ジャパンオープンのチケットを取扱中です。日本チームに優勝してほしいですが、どの選手も応援したくなります。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。