8月6日、広島カープは背番号86ユニフォームで試合に

カープ女子にとどまらず、幅広い世代から愛されている、広島東洋カープ。8/6(木)は、平和への強い思いをユニフォームに込めて戦います。広島カープの監督やコーチ、全選手の背番号が「86」に。

カープ女子にとどまらず、幅広い世代から愛されている、広島東洋カープ

8/6(木)は、平和への強い思いをユニフォームに込めて戦います。

広島に原爆が投下されて70年となる2015/8/6(木)。広島カープの監督やコーチ、全選手の背番号が「86」に。胸には赤い文字で「PEACE」、選手名が入っている背中には「HIROSHIMA」と書かれたユニフォームに、白いハトの刺繍が施された帽子を着用して試合を行います。

市民球団・広島カープ「ピースナイター」開催

「1945年8月6日午前8時15分」。広島に原爆が投下された日時です。70年たった2015年、広島市内でも、原爆が投下された日時を知らない小学生が7割近くになったと報道されています。

戦後の復興を旗印に誕生した市民球団・広島東洋カープ。8/6(木)という歴史が刻まれた日にマツダスタジアムで行われる試合は大きな意味をもつでしょう。

そして8/5(水)、8/6(木)の阪神タイガース戦は、「ピースナイター」という名前で試合が開催されます。8/5(水)には被爆二世のプリマバレリーナ、森下洋子さん(広島市名誉市民)が始球式に登場します。そして8/6(木)は、広島市在住のシンガーソングライター・二階堂和美さんが「伝える花」を独唱。全員が背番号86のユニフォームを着て、試合に臨みます。

ちなみに現在、背番号86は菊地原毅投手コーチがつけています。

広島カープのピースナイターに、対戦相手の阪神ファンも賛同

混戦のセ・リーグ、阪神ファンも「打倒カープ」に燃える一戦となるはずです。しかし、阪神ファンの間では、広島カープの思いをしっかりと受け止める好意的な反応が多く見られます。「阪神も背番号など、合わせて何かやればよいのに」という声もあります。

阪神タイガースの選手にとっても、この日は「やりづらい」試合になるかもしれませんね。

こういう試合、応援するファンも勝敗は二の次になりがちですが、やはり、お互い「負けるもんか!」と熱く戦うことを期待しましょう。この日の勝利は、1勝以上の重みがありそうです。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。