朗報!アトレティコマドリードが日本にやってくる!

欧州屈指の強豪サッカークラブ、スペインのアトレティコマドリード。 夢のような話が現実になります。プレシーズン期間を利用して来日し、Jリーグのサガン鳥栖と対戦します。

欧州屈指の強豪サッカークラブ、スペインのアトレティコマドリード

夢のような話が現実になります。プレシーズン期間を利用して来日し、Jリーグのサガン鳥栖と対戦します。

豊田洋平やキム・ミヌ(金民友)など代表選手が集まるサガン鳥栖と、スーパースター、ディエゴ・シメオネ監督やフェルナンド・トーレスらを擁するアトレティコの対決、サッカーファンの間で話題です!

アトレティコマドリードの来日に、ファン大興奮!

アトレティコマドリードは皆さんご存知のとおり、レアル・マドリードやバルセロナに次ぐ、スペインの名門クラブです。2013-14シーズンはリーグ制覇し、UEFAチャンピオンズリーグのファイナリストになったのも、記憶に新しいところ。2014-15シーズンはリーグ3位でした。

サガン鳥栖は2012年にJ1リーグに昇格したばかりですが、初年度から5位と、J1の強豪クラブに上昇してきました。博多からも距離が近い鳥栖、福岡ソフトバンクホークスと「鷹の祭典コラボ」をしたり、ユベントスOBと試合をするなど、九州を代表するビッグクラブとして成長し続けています。

そんなアトレティコマドリードとサガン鳥栖の対戦は、8/1(土)、サガン鳥栖のホーム、ベストアメニティスタジアムで開催されます。

注目しているのは地元のファンだけではありません。「鳥栖まで行くぞ!」と全国のサッカーファンが注目しています。

アトレティコマドリードが試合をする「ベアスタ」とは

アトレティコマドリードが試合をする「ベアスタ」こと、ベストアメニティスタジアムは、サガン鳥栖ファンだけではなく、全国のサッカーファンから人気のスタジアムです。

見やすく、雰囲気が良いと評判なのです。ブラジルや欧州、日本代表で世界中のスタジアムで戦ってきた、あのキング・カズこと三浦知良も、「日本で3本の指に入るくらいのスタジアム」だと褒めているとか。

収容人数24,490人は、5万人超えのスタジアムで試合をしているアトレティコマドリードが試合をするには少しコンパクトかもしれません。しかし、ベアスタならではの臨場感は、アトレティコマドリードの選手たちにも気に入ってもらえるでしょう。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。