大相撲の魅せる名大関・貴ノ浪を忘れない

6/20(土)、貴乃花部屋の音羽山親方(大相撲元大関・貴ノ浪、本名・浪岡貞博)が43歳の若さで亡くなりました。ここでは、音羽山親方の現役時代からの功績を振り返ってみたいと思います。

6/20(土)、貴乃花部屋の音羽山親方(大相撲元大関・貴ノ浪、本名・浪岡貞博)が43歳の若さで亡くなりました。

心臓に持病があったという音羽山親方。最近まで土俵下で活躍する姿を見ていた多くの大相撲ファンが、ショックを受けたでしょう。

貴ノ浪は同門の横綱貴乃花・若乃花とともに人気力士でした。ここでは、音羽山親方の現役時代からの功績を振り返ってみたいと思います

大相撲元大関・貴ノ浪の現役時代

大相撲元大関・貴ノ浪は1971年、青森県に生まれました。

同門の元横綱・若乃花の1学年下、元横綱の貴乃花(現・貴乃花親方)の1学年上。四股名は本名の「浪岡」から来ています。貴ノ浪は若・貴の両親でもある師匠の二子山親方に心酔していました。

大関在位37場所。幕内で2回優勝しました。ハイライトは1996年初場所、同門同士の優勝決定戦でしょう。24歳の大関・貴ノ浪が23歳の横綱・貴乃花に挑み、プロレスラー・ジャイアント馬場を彷彿とさせる大技「河津掛け」を決め、初優勝しました。

2度目の優勝は1997年の11月場所でした。その後綱取りを目指しましたが、惜しくも優勝に届かず、横綱にはなれませんでした。貴ノ浪は2004年の1月場所をもって、引退しました。

大相撲元大関・貴ノ浪は「角界の頭脳派」としても知られる

「日本一の相撲好き」を自認していた大相撲の元大関・貴ノ浪。現役時代から支度部屋では、貴乃花など他の力士の相撲について饒舌に解説するのが定番でした。自身が優勝した1996年初場所では、出番前に土俵下で他の取組に対して審判委員よりも早く「物言い」をつけたことも。

その一方で、本人の取り口は理詰めではなく、長身と身体能力を活かしたダイナミックなものでした。やや強引な、基本に忠実ではない取り口でしたが、師匠は貴ノ浪に自己流の取り口を認めました。柔軟に接した師匠のおかげもあって、貴ノ浪はクレーンのようなつり技などで「魅せる」大関になったのです。

引退後も、各力士を細かくチェックし、長所や短所をズバっと指摘する解説が人気でした。なお、5月に行われた夏場所まで土俵下で審判を務めていました。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。