荒川静香も舞う!プリンスアイスワールド2015 東京会場をご紹介

7/17(金)から7/20(日)までの4日間、東京公演が行われるプリンスアイスワールド2015。 すでに他会場の公演を楽しんだ方も、東京公演が今年初めてという方も、会場についてチェックしておきましょう。

7/17(金)から7/20(日)までの4日間、東京公演が行われるプリンスアイスワールド2015

新横浜から始まり、八戸、鹿児島と続いた2015年のプリンスアイスワールドも東京公演がラストです

すでに他会場の公演を楽しんだ方も、東京公演が今年初めてという方も、会場についてチェックしておきましょう。

プリンスアイスワールド2015の会場「ダイドードリンコアイスアリーナ」とは

ダイドードリンコアイスアリーナは西武鉄道グループのスケート施設です。もともとは東伏見アイスアリーナという名前でしたが、ダイドードリンコが命名権を取得して、2006年から現在の名前で使われています。

アクセスは、意外と楽です。西武新宿線・東伏見駅のほぼ目の前です。近くには早稲田大学のキャンパスもありますよ。

西武新宿線は、JRや地下鉄の新宿駅から少し歩いたところにある西武新宿駅や、高田馬場駅などから行くことができます。

席数は公式発表で3,500席。プリンスアイスワールド2015では氷上にも席が設けられますので、席数はさらに増える見込みです。

プリンスアイスワールド2015東京公演の席割は?

プリンスアイスワールド2015の座席別料金は、このようになっています。

  • エキサイティングシート(指定席) 18,000円
  • SS席(指定席) 12,000円
  • S席(指定席) おとな9,000円、こども 4,500円
  • A席(自由席) おとな6,000円、こども3,000円

エキサイティングシートが氷上席になり、スケーターとの距離が一番近くなります。

親子で見に行く方、S席やA席ならお子さんの料金がおトクになりそうで、朗報ですね。なお、A席は、座席の高さはS席と同じで、端っこにあるだけですので、おトク度が高いかもしれません。

プリンスアイスワールド2015:ダイドードリンクアイスアリーナの雰囲気は?

プリンスアイスワールド2015の最近の様子をご紹介しましょう。

アイスショーではなく、大学のアイスホッケー部の試合の様子です。応援団の学生が登校したツイートですが、椅子の様子や氷上との距離がわかるかと思います。後ろの席でもスケーターとの距離が、近そうですね。

なお、場内は「寒い」という声もありますので、皆さんもブランケットや長袖など、防寒対策をお忘れなく。

ちなみに6月に入ってからは、プリンスアイスワールドに備え、解氷作業を行っています。すばらしいアイスショーの裏には、氷のメンテナンスが入念に行われていること、頭に入れておきたいですね。解氷作業中の珍しい写真もご紹介します。

フィギュアスケートファンにおすすめの記事

プリンスアイスワールド2015東京公演、楽しみですね!

席の様子がわかると、俄然行きたくなるものです。チケットキャンプ(チケキャン)ではプリンスアイスワールド2015のチケットを取扱中です。今年、氷上に復帰した荒川静香も華麗に滑っていますよ!お見逃しなく。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。