フレンズオンアイス2015のおすすめ座席はどんな感じ?

2015年、荒川静香が氷上に復帰する、フレンズオンアイス。ここでもう一度、会場の新横浜スケートセンターのアクセスや座席について、復習してみましょう!どの席に座ろうか迷っているという初めての方も要チェックです。

2015年、荒川静香が氷上に復帰する、フレンズオンアイス

フレンズオンアイスは毎年、新横浜スケートセンターで開催されており、リピーターも多いイベントでしょう。

ここでもう一度、会場の新横浜スケートセンターのアクセスや座席について、復習してみましょう!どの席に座ろうか迷っているという初めての方も要チェックです。

フレンズオンアイスの会場、新横浜スケートセンターとは

2015年のフレンズオンアイスは、8/28(金)、8/29(土)、8/30(日)の3日間、新横浜スケートセンターで開催されます。

新横浜スケートセンターは、30m×60m、1,800平方メートルの国際規格を持つスケート場です。座席は公式発表で固定席1,406名 立見1,094名の計2,500名を収容できますが、フレンズオンアイスではアリーナ席やスーパーアリーナ席が用意されるので、席数は公式発表よりも増える見込みです。

アクセスは、JR東海道新幹線、JR横浜線、横浜市営地下鉄の新横浜駅から徒歩5分です。地方から新幹線に乗って行く方にとっても、アクセスがシンプルなので、ありがたいですね。

ちなみに、近くに見える大きなスタジアムは日産スタジアムで、サッカー日本代表や横浜F・マリノスの試合もたびたび開催されています。

フレンズオンアイス、1階席のイメージは?

フレンズオンアイスの席種は、アリーナ席から立ち見席までさまざまです。

過去にフレンズオンアイスに参戦した人は、どんな雰囲気で楽しんでいたのでしょうか?

まずは、2014年に1階席で見た方の様子です。アリーナ席の後ろ、S席の中央で、方角は東側でした。スケーターたちの決めポーズは東側方面で行うことが多いようで、決めポーズをたくさん見ることができたようです。なるほど、決めポーズが見たい方は座席の方角も重要ですね。

フレンズオンアイス、やっぱりスーパーアリーナ席は一味違う!

2012年に参戦した方の様子です。スーパーアリーナ席の角側に座ることができたようです。

写真のすぐ左からスケーターたちが登場してきたとのことで、ラッキーでしたね!

客席で注目していただきたいのが、服装です。長袖を着ていたり、ひざかけを使用しているお客さんが多いことです。フレンズオンアイス、外は真夏とはいえ、アリーナ席は目の前が氷です。寒さ対策もぜひ参考になさってください。

フィギュアスケートの他のオススメ記事

今年はあなたも、フレンズオンアイスへ!

今回は、スケーターとの距離が近い席の様子をご紹介しました。実際に観戦した人からの情報を得ると、見に行きたくなりますよね。チケットキャンプ(チケキャン)ではフレンズオンアイスのチケットを取扱中です。あなたもちょっと奮発して、行ってみてはいかがでしょうか?

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。