バルサが日本へ!FIFAクラブワールドカップの出場国をご紹介

12/10(木)~12/20(日)まで、日本で開催される、FIFAクラブワールドカップ。今回はFIFAクラブワールドカップの、現時点で決まっている出場クラブについてご紹介します!

12/10(木)~12/20(日)まで、日本で開催される、FIFAクラブワールドカップ

UEFAチャンピオンズリーグでFCバルセロナ(スペイン)が優勝し、ヨーロッパ代表が決定しましたが、他の大陸代表も続々と決まっています。

今回はFIFAクラブワールドカップの、現時点で決まっている出場クラブについてご紹介します!

FIFAクラブワールドカップ出場国:FCバルセロナ(スペイン)

強いバルサが日本に帰ってきます。2011年のFIFAクラブワールドカップ日本大会で優勝したFCバルセロナは、ユベントス(イタリア)を下し、2015年も欧州王者に輝きました。FIFAクラブワールドカップは3回目の出場です。

2011年の決勝では、ネイマール擁するサントス(ブラジル)に4-0で勝利しました。今ではネイマールもバルサの一員です。メッシとネイマールはそろってUEFAチャンピオンズリーグの得点王になりました。FIFAクラブワールドカップでも爆発的な得点力を見てみたいですね!

バルセロナが初めてFIFAクラブワールドカップに出場したのは、2006年のことです。南米王者・インテルナシオナル(ブラジル)に決勝で、0-1と惜敗しました。

なお、この大会の準決勝で対戦したのが、北中米王者のクラブ・アメリカ(メキシコ)で、今年のFIFAクラブワールドカップにも出場します。9年ぶりの対戦があるかもしれません。

FIFAクラブワールドカップ出場国:クラブ・アメリカ(メキシコ)

北中米王者としてFIFAクラブワールドカップに出場するのが、クラブ・アメリカ(メキシコ)です。4月に行われたCONCACAFチャンピオンズリーグでは、モントリオール・インパクト(カナダ)を下して優勝しました。

北中米といえば、ニューヨーク・シティやロサンゼルス・ギャラクシーなど、ヨーロッパからスター選手が集まるMLS(メジャーリーグサッカー/アメリカ)が日本でも注目されています。しかし、北中米で一番強いのはメキシコのようです。10年連続で、メキシコのクラブがFIFAクラブワールドカップに出場します。

クラブ・アメリカでは、メキシコ代表やアルゼンチンなど南米出身の選手が多く集まっています。2006年大会には、2014ブラジルW杯で好セーブを連発したGKギジェルモ・オチョアも出場しました。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。