次の五輪代表候補がここに!?ドリームオンアイス2015

フィギュアスケート日本代表エキシビションの「ドリームオンアイス2015」。羽生結弦のように世界の頂点に立ったスケーターから、成長中のジュニアスケーターまで見られる点が魅力です。出場予定のスケーターを何人かチェックしてみましょう。

フィギュアスケート日本代表エキシビションの「ドリームオンアイス2015」。

羽生結弦のように世界の頂点に立ったスケーターから、成長中のジュニアスケーターまで見られる点が魅力です。

シーズンオフ中の6月の公演とはいえ、2015-16シーズンの行方を占ってみたり、2018年の平昌五輪の候補を予想してみたりと、先のシーズンのことを考えながら見てしまいそうです。出場予定のスケーターを何人かチェックしてみましょう。

ドリームオンアイス2015で注目:宮原知子、本郷理華

2014年の全日本選手権で初優勝し、2015年の世界選手権と四大陸選手権で2位に入った宮原知子(さとこ)。世界選手権初出場で2位は、浅田真央と並ぶ快挙でした。宮原は、関西大学高等部在学中の17歳です。

本郷理華は宮原より1学年上の18歳です。荒川静香や羽生結弦と同じく仙台市出身で、4月からは浅田真央が卒業した中京大に入学しています。父がイギリス人、母が日本人のハーフで、エキゾチックな顔立ちです。宮原が身長148cmと小柄なのに対し、本郷は身長166cmの長身と対照的です。本郷は、全日本選手権では2位、四大陸選手権で3位と宮原に次ぐ成績でした。

これから二人のライバル関係も楽しみですよね。二人とも、2018年平昌五輪の有力候補になるのは間違いないでしょう。ドリームオンアイス2015の演技でも進化した姿を見せてくれると思いますので、ぜひチェックしてくださいね。

ドリームオンアイス2015で注目:宇野昌磨

2月の四大陸選手権で、初めてシニア国際大会に参戦した宇野昌磨。宇野はフィギュアスケート王国・名古屋市出身の17歳で、現在、中京大学附属中京高校に在学しています。宇野は、平昌五輪の頃には宮原らと同じく大学生の年齢で、初の五輪出場の期待がかかる逸材です。

宇野は子供時代から地元のテレビ番組に登場するなど、ちょっとした有名人でした。5歳の時に、浅田真央に声をかけられてスケートを始めたというエピソードもありましたよね。

2014-15シーズンは、激動の1年でした。2014年の全日本選手権で2位に入ったことで、四大陸選手権の切符をつかみました。4回転トーループとトリプルアクセルを習得し、プログラムに初めて組み込みました。これで得点が多くとれるようになったのです。

子供時代からの宇野を見ているファンの方は、身長が伸びてきたことも注目しています。現在は160cmに届こうかというくらいです。ドリームオンアイス2015では、「しばらく見ないうちに、大きくなったわね」と、まるでかわいい親戚の子を見るかのように宇野の成長を実感できるかもしれません。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。