FIFAロシアW杯2次予選も埼スタで!アクセスをチェック

2018年に行われる、FIFAロシアワールドカップ。日本は6/16(火)から、アジア2次予選を戦います。応援する皆さんも、埼スタへ行く準備を今から始めましょう!ここでは、アクセスについてアドバイスをしたいと思います。

2018年に行われる、FIFAロシアワールドカップ。日本は6/16(火)から、アジア2次予選を戦います。年々アジア全体のレベルが上がり、1998年から連続して本大会出場をしている日本にとっても、大変な戦いが続くでしょう。

日本代表はFIFAロシアワールドカップアジア2次予選、そして最終予選まで、ホームでの戦いを「埼スタ」こと「埼玉スタジアム2002」(埼スタ)で行うことに決めました。これまで埼スタで行われたワールドカップ予選、日本は負けたことがないからです。

応援する皆さんも、埼スタへ行く準備を今から始めましょう!ここでは、アクセスについてアドバイスをしたいと思います。

FIFAロシアワールドカップ2次予選:電車でのアクセス

Jリーグの浦和レッズ戦で埼スタへ行ったことがある方は、「浦和美園駅からちょっと歩くけど、道には迷わないですむね」と楽勝モードになっていませんか?

近年のサッカー日本代表戦は、ほぼ満席。6万人を超える人々が集まります。すると、最寄駅の浦和美園駅が混雑することを覚悟したほうがよさそうです。

平日ですので、学校や仕事を終えてからスタジアムに向かう方も多いでしょう。学生の皆さんが授業や部活を休んでスタジアムに行くのは難しいかもしれません。しかし、お勤めの方は、残業をしない、もしくは午後半休を取るなどして、時間に余裕を持ってスタジアムに行くことをオススメします。社内や取引先の方、家族との調整が必要となりますが…。

また、帰りの浦和美園駅も混雑します。帰るときまで、体力を残しておきましょうね。

FIFAロシアワールドカップ2次予選:バスでのアクセス

埼スタにバスで行くことも賢い方法といえます。地元の方は路線バスを使って行く方もいるようです。

FIFAロシアワールドカップ2次予選のシンガポール戦では、JFAが人数限定ですが、バスを出すことを発表しています。試合終了後、埼スタから東京駅行き、池袋駅行き、横浜駅行きのバスを運行予定です。宇都宮など地方からお越しの方は、JFAが企画するツアーに参加するのも検討の余地ありです!

なお、国際興業バスは、FIFAロシアワールドカップ予選など日本代表戦の日に浦和駅、東浦和駅、浦和美園駅から埼スタへアクセスする臨時バスを運行しています。公式サイトに情報が掲載されますので、ぜひチェックしてみてください。

FIFAロシアワールドカップ2次予選:車でのアクセス

埼スタに一般車両が停められる駐車場はありませんが、車でアクセスする人も多くいます。

埼スタから徒歩数分の場所に民家が多く、民家にお住まいの方が浦和レッズ戦や日本代表の試合日には、有料の駐車場をオープンしています。浦和美園駅まで歩く手間もなく、また、終電を気にせず帰ることができるのは、メリットですね。「埼スタ 民間駐車場」で検索すると、駐車場情報がたくさん出てきますので、できれば前日までに駐車予約をしておきましょう。

FIFAロシアワールドカップ予選のときも、高速道路や周辺の道路は混雑すると思いますので、時間に余裕を持ってお出かけくださいね。

FIFAロシアワールドカップのオススメ記事はこちら

FIFAロシアワールドカップ2次予選、気をつけて行ってらっしゃい!

FIFAロシアワールドカップ2次予選の前に、スタジアムまでのアクセス面について予習しておくと、覚悟して出かけることができるでしょう。チケットキャンプ(チケキャン)ではFIFAロシアワールドカップ2次予選のチケットを取扱中です。おうちに帰るまでが代表戦です!どうぞお気をつけて。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。