関東のファン大喜び!広島東洋カープが新幹線を貸し切り!

ファンが抱える悩みの一つは、遠征費の捻出ですよね。そんなファンのために、広島東洋カープは太っ腹すぎる企画を行いました。片道新幹線チケットをプレゼントし、新幹線を貸し切って広島まで招待したというイベントです。

関東にもファンが多い広島東洋カープ

ファンが抱える悩みの一つは、遠征費の捻出ですよね。東京から広島まで遠いし、お金がかかるし…。そんなファンのために、広島東洋カープは太っ腹すぎる企画を行いました。

5/16(土)、東京-広島間の片道新幹線チケットをプレゼントし、さらに新幹線を貸し切って広島まで招待したというイベントです。たくさんのメディアが報じ、話題になりました!

広島東洋カープが行った新幹線貸し切り企画は、特典も盛りだくさん!

5/16(土)、14時試合開始の横浜DeNAベイスターズ戦で、広島東洋カープによる新幹線貸し切り企画が行われました。その名も「常車魂~RED RIDING~」。広島東洋カープ2015年キャッチフレーズ「常昇魂」にひっかけたネーミングです。

東海道・山陽新幹線16両を貸し切り、途中停車駅の新横浜、名古屋、新大阪、新神戸からもファンを乗せ、1,300人のカープ女子、カープ男子とともに広島まで走りました。

参加費は5,000円で、片道の新幹線代が無料。ビジターパフォーマンス席に加え、「赤いシリーズ」のパクリグッズ(赤耳、赤傘、赤タオル)など、特典も盛りだくさんでした。

なお、定員1,300人でしたが、応募は13,800人もありました。競争率は10倍!こんなにお得なんですから、行きたくなりますよね。

貸切列車の車掌は広島東洋カープOBの高橋建さんが!

車内では盛り上がるイベントがたくさん行われ、大盛り上がりでした!

途中停車駅の車内アナウンスは広島カープの選手が入れ替わりで担当しました。例えば名古屋駅出発時は愛知県出身の堂林翔太が担当し、新大阪駅到着時は、大阪府出身の前田健太と、出身地にちなんだ人選も。カピバラ3兄弟(大瀬良大地、今村猛、一岡竜司)の漫才のようなアナウンスもありましたよ!

スラィリーのほかにも、サプライズゲストも登場しました。「乗車券を拝見します」…顔を上げると、「建さん」こと、広島東洋カープOBの高橋建さんが車掌を務めていたのです!

広島東洋カープの新幹線貸し切り企画、みんなの反応は?

広島東洋カープの貸し切り新幹線にはテレビや新聞のメディアクルーも多数乗車したため、すでに、この企画のニュースを見た人はたくさんいるでしょう。

「すごい!」「いいなあ」と単純に驚く声も多かったですね。一方で、試合に負けてしまったため「それより勝て!」とツッコむファンも。広島東洋カープの面白い企画を担当する中の人も、「これだけやっているんだから、試合に負けたら困るよ」と思っていることでしょう。

成績やビジター席削減の問題もあり、賛否両論あったこの企画ですが、他チームファンの注目を集めたことは確かです。全国的に人気のある読売ジャイアンツ阪神タイガースなど、ファンからの要望が増えそうです。

広島東洋カープ戦の他のオススメ記事

あなたも広島東洋カープの企画に参加しよう!

広島東洋カープ戦はただ野球を見るだけではなく、試合前から盛り上がらずにはいられない雰囲気にさせてくれますよね。ファンも選手と同様、広島カープ愛をアピールする表現者なのですね!チケットキャンプ(チケキャン)では広島東洋カープ戦のチケットを取扱中です。「どうしようかな」と迷っている方もぜひ参戦を!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。