「プロ野球セ・パ交流戦」記者会見で見えた人間関係が面白い

5/11(月)に行われた開幕記者会見には12球団から代表する選手が1名ずつ登場してコメントしました。特に話題になったのが、「対戦したい選手は誰?」の質問。先輩・後輩関係や誰のファン、という面まで見えてくる興味深いものでしたよ!

5/26(火)から始まったプロ野球セ・パ交流戦

5/11(月)に行われた開幕記者会見には12球団から代表する選手が1名ずつ登場してコメントしました。

特に話題になったのが、「対戦したい選手は誰?」の質問に対する各選手の回答でした。先輩・後輩関係や誰のファン、という面まで見えてくる興味深いものでしたよ!

セ・パ交流戦の人間関係:巨人・高木勇人は、社会人チームの先輩と対戦希望

ルーキーながらもセ・パ交流戦の開幕記者会見に登場した巨人・高木勇人。マウンドでの活躍やヒーローインタビューでのコメントが注目されている投手です。

そんな高木が対戦したい相手は、ソフトバンク・本多雄一。在籍期間はかぶっていないものの、高卒から三菱重工名古屋に入ったという共通点があります。

本多といえば、4/12(日)の日本ハム戦で右足首を捻挫。開幕記者会見後の5月中旬には、「復帰は交流戦終盤か」と報じられました。

巨人対ソフトバンクは、6/5(金)、6/6(土)、6/7(日)と、交流戦折り返しの頃です。高木vs本多、間に合うでしょうか?

セ・パ交流戦の人間関係:駒大対決を楽しみにしていた選手たち

広島の梵英心と中日の大島洋平が対戦したい投手として挙げたのが、日本ハムの増井浩俊。梵、大島、増井の3人は駒沢大学出身です。駒大対決は選手自身が楽しみにしているようです。

梵は1980年生まれ、増井より4年先輩になります。梵はプロ入り後増井との対戦経験がありますが、「なかなか打てなかったから、打ちたい!」と気合十分でした。

大島洋平は1985年生まれで、増井の1学年後輩に当たります。在籍期間もかぶっているため、よく知っている先輩ですよね。会見では、「打たせてください!」とお願いまでしていました。

なお、増井は大学時代、「大島から紅白戦でよく打たれていた」というエピソードを披露していました。

セ・パ交流戦の人間関係:実は○○さんのファンなんです

ソフトバンク・柳田悠岐が対戦を熱望しているのは、広島東洋カープの黒田博樹です。柳田は広島市安佐南区出身。少年時代は旧広島市民球場に通い続けていました。

ホークスの選手ながらも自称「カープ男子」の柳田、「予告先発のなかった時代に黒田が登場すると、テンションが上がった」というエピソードを会見で話していました。

セ・パ交流戦では、終盤の6/12(金)~6/14(日)がソフトバンク対広島戦です。ふるさと・広島での対戦は来年にお預けですが、もし今年のセ・パ交流戦で黒田vs柳田は実現したら、見ている私たちにとってもアツすぎますよね…。

セ・パ交流戦のオススメ記事はこちら

セ・パ交流戦は選手vs選手の交流も楽しみ!

あなたは、誰と誰の対決が楽しみですか?チケットキャンプ(チケキャン)ではセ・パ交流戦のチケットを取扱中です。選手名鑑で出身校をチェックしながらの観戦も、楽しいですよ!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。