国名がグルジアからジョージアへ…出身の大相撲力士の反応は

ヨーロッパ系の外国人力士も活躍する大相撲。2015年4月、日本では臥牙丸や栃ノ心の母国「Georgia」の呼称が変わりました。臥牙丸や栃ノ心の出身地、これからは「ジョージア出身」と覚えましょう。ついでにどんな国なのかチェックしてみましょう!

ヨーロッパ系の外国人力士も活躍する大相撲

2015年4月、日本では臥牙丸や栃ノ心の母国、「Georgia」の呼称が変わりました。これまで「グルジア」と呼ばれていたのですが、「ジョージア」に変更です。4/14(火)、国会で呼称変更の法案が成立したからです。

臥牙丸や栃ノ心の出身地、これからは「ジョージア出身」と覚えましょう。ついでに、どんな国なのか、チェックしてみましょう!

大相撲×ジョージア事情:グルジア出身の臥牙丸の化粧まわしはどうなる?

木瀬部屋の臥牙丸と春日野部屋の栃ノ心は、1987年、旧ソビエト連邦(ソ連)のグルジアで生まれました。ソ連からグルジアが独立したのは1991年のことです。

グルジア国籍の男性は40歳までに軍事訓練を受ける義務があります。臥牙丸も栃ノ心も、当時力士だった黒海も、2009年に一時帰国し、母国で軍事訓練を受けたことが話題になりました。

臥牙丸といえば、中澤フーズのグルジアヨーグルトの化粧まわしでも有名ですよね。しかし、今後「グルジアヨーグルト」の化粧まわしをつけるかどうか、気になるところです。

大相撲×ジョージア事情:臥牙丸と栃ノ心の出身地の呼称も変更

「Georgia」を「グルジア」と読むのは、ロシア語に近い読み方です。1995年以前の正式名称は「グルジア」でしたが、1995年以降は英語読みの「ジョージア」を正式名称としています。

現在、国連に加盟する国のうち120カ国が英語読みの「ジョージア」を使用しており、日本と同様「グルジア」を使う国は、世界では少数です。2012年のロンドン五輪でも「ジョージア」と呼ばれていたのを覚えている人も多いでしょう。

2008年、ジョージアとロシアは領土争いで戦争になりました(グルジア紛争)。以来、ジョージア政府は反ロシア感情から、日本に対し「グルジアではなくジョージアと呼んでほしい」と要請していました。

大相撲×ジョージア事情:呼称変更をきっかけに、大相撲の懸賞金にあの「ジョージア」も?

日本での「ジョージア」に呼称変更については、栃ノ心がメディアの取材に答えています。栃ノ心は日本での呼称変更を非常に喜びました。栃ノ心が出身地について話すとき、「ジョージア出身」と言い続けてきました。

日本で「ジョージア」といえば、日本コカ・コーラの缶コーヒーブランドを思いつく人が多いでしょう。缶コーヒーの「ジョージア」の名前は、旧グルジアではなく、コカ・コーラがあるアメリカ・ジョージア州がルーツです。

ちなみに栃ノ心はジョージアの青い缶コーヒー、エメラルドマウンテン(エメマン)が大好きです。化粧まわしや懸賞金にジョージアが入る日は遠くないかも!?

大相撲の他のオススメ記事

大相撲では、場内アナウンスもお聞き逃しなく!

今後、「ジョージア出身、臥牙丸」「ジョージア出身、栃ノ心」という場内アナウンスが聞けるかもしれませんね。今後、「ジョージア」にちなんだ化粧まわしや懸賞金も見られるかもしれません。チケットキャンプでは大相撲のチケットを取扱中です。臥牙丸や栃ノ心の活躍もぜひチェックしましょうね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。