広島カープのぽっちゃり投手ザガースキーが好きな日本食は?

2015年、広島東洋カープに入団した、マイク・ザガースキー。メジャー経験もある32歳の左腕投手は、抑えや中継ぎとしての活躍が期待されています。ザガースキー、どんな投手なのでしょうか。見てみましょう。

2015年、広島東洋カープに入団した、マイク・ザガースキー。メジャー経験もある32歳の左腕投手は、抑えや中継ぎとしての活躍が期待されています。

そんなザガースキー、早くもカープ女子など広島カープファンに「かわいい」と人気です。ぽっちゃりとした風貌と明るい笑顔、癒されますよね。

ザガースキー、どんな投手なのでしょうか。見てみましょう。

広島カープを救うために、左腕がやってきた!

ザガースキーは1/28(水)、ヘスス・グスマンやクリス・ジョンソンとともに入団会見を開きました。フル稼働できる左腕が足りない広島、緒方監督が願っていた左腕の補強となりました。

ザガースキーは入団当初からプロ野球選手には珍しいポッチャリ体型が目立っていました。公称の身長が183cm、体重は109kgです。どことなく日本のオタクにも似た風貌で、マウンド上というよりもむしろ、「客席でホットドッグを食べている少年」に見えるかもしれません。

しかし、ザガースキーは巨体を活かして投げるストレートは最速152km、変化球もスライダーやチェンジアップなどを持ち合わせる、すごい投手なのですよ!

広島のザガースキーはハイチュウ大好き!

ザガースキーは2月のキャンプ中、右足首を捻挫してしまいました。1軍を目指してアピールする時期に、随分凹んだでしょう。

バレンタインデーにはそんなザガースキーに「ハイチュウ」12ダースが届きました。送り主は同僚・前田健太でした。前田はハイチュウの製造元、森永製菓とスポンサー契約を結んでいます。

ハイチュウはアメリカでも人気のお菓子。ザガースキーは地元・広島のメディアでも好きな日本食の一つとして「ハイチュウ」を挙げています。特にグレープフルーツ味が大好物です。

前田のブログには大喜びのザガースキーの写真と、ザガースキーを思うコメントがありました。

“慣れない環境でいろんなストレスもあると思うのでハイチュウ食べてリラックスしてもらいたいです。。はやく帰ってくるのを待ってます”

(引用:前田健太オフィシャルブログ)

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。