SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR THIRTY30FIFTY50取扱中!Spitz(スピッツ)は草野マサムネ、三輪テツヤ、田村明浩、崎山龍男の4人で構成されている日本を代表するロックバンドである。1991年にシングル「ヒバリのこころ」、アルバム「スピッツ」を同時リリースでメジャーデビューを果たすと、以降自分たちのビジョンと表現を模索し続け1995年「ロビンソン」「空も飛べるはず」等が大ブレイク。ボーカル草野が描く歌詞の世界とサウンドは、幅広い層から共感を得ている。Spitz(スピッツ)の曲をライブやアルバムでカバーする他アーティストも多く、華やかではないが美しさと儚さと、内側に秘めた人間の強さをを感じる世界観、そこに広がりを感じさせる良質な楽曲は不変である。Spitz(スピッツ)の世界観を味わっていただきたい。

SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR THIRTY30FIFTY50

10,697人が登録中

すべての公演 チケット一覧

全チケットの購入時の取引手数料が無料!

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

スピッツのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(3/29 12:00更新)

スピッツについて

スピッツのライブの魅力は草野マサムネの作り出す特別な世界観

スピッツのボーカル、草野マサムネが作り出すガラス細工のごとき繊細な楽曲には、誰しも摩訶不思議な万華鏡を覗いた気にさせられる。鮮烈なるデビューと同時に確立させたスピッツワールドは、良い意味で少しも変化していない。ライブで披露されるスピッツの魅力はほんの一端に過ぎないのだが、一曲として捨て歌がないことからライブチケットは即日完売する。

スピッツが紡ぐリリックは言葉選びの段階で尖っておらず、スピッツのライブに初めて足を運んだ人はその歌詞の世界観を「爽やかで可愛い」と感じるのではないか。しかし実はスピッツの楽曲は難解でエキセントリックで、抽象的である。ストレートなギターに明るいクリアサウンドが寄り添い、天才マサムネの声がそこに加わるとあたかもライブ会場の空気に色が灯るかのようである。それが何色に見えるのかは十人十色であるが、目にした人誰もがその色を二度と忘れることが出来ないのは間違いない。

そんなスピッツが、2017年に結成30周年を迎える。7月から10月にかけてアニバーサリーライブツアー「THIRTY30FIFTY50」を敢行予定だ。ただでさえプレミアムなライブが、アニバーサリーということでさらにプレミアとなること間違いなし。待望のチケット情報はまめにチェックしてみては。

スピッツ(Spitz)が好きな方はこんなチケットもおすすめ