SPARTA LOCALS は、1998年に結成されたポストパンクバンドである。2002年4月にインディーズで1stアルバム「悲しい耳鳴り」を発表すると、同年7月には、国内最大級の夏フェスであるFUJI ROCK FESTIVALの新人バンドの登竜門「ROOKIE A GO-GO STAGE」への出演を果たす。そして2003年には、2ndアルバム「セコンドファンファーレ」をリリースしメジャーデビューしている。以降、幾多の大型ロックフェスへの出演や日本全国へのワンマンツアーを敢行し、客席を満員のお客で埋め尽くすほどの人気を集めた。2009年9月に一度解散するも2016年に再結成を果たし、新たなステージに立った。

スパルタローカルズの日程

47人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

スパルタローカルズのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/23 18:00更新)

スパルタローカルズについて

スパルタローカルズの魅力とは

SPARTA LOCALS は、4人編成のポストパンクバンドである。メンバーは、バンドリーダーの安部コウセイ(Vo./Gt.)を筆頭に、伊東真一(Gt.)、コウセイの実の弟である安部光広(Ba.)、中山昭仁(Dr.)の4人で構成している。高校時代に一人で作曲活動をしていた安部コウセイが、弟の安部光広と中学時代の友人だった伊東真一を誘い、そして高校時代の友人だった中山昭仁にも声をかけ、1998年12月に結成された。地元福岡でのライブハウスをベースに活動していたが、2002年4月にインディーズにおいて、1stアルバム「悲しい耳鳴り」を発表したことが転機となる。同年7月にはFUJI ROCK FESTIVALの「ROOKIE A GO-GO STAGE」に出演し、12月にはZepp Fukuokaにて人気ロックバンドくるりのプロデュースイベント「百鬼夜行」に出演した。以降、夏のライブイベントや大型ロック・フェスティバルにも頻繁に出演するようになったが、2009年9月に惜しまれながらも解散する。解散後約7年の月日を経て、2016年12月にライブイベントを機に再結成を果たした。2017年は11年ぶりのワンマンライブが7月に開催される予定で、各所から注目が集まっている。

スパルタローカルズが好きな方はこんなチケットもおすすめ