SPARKS GO GOとは、1990年に結成したスリーピースのロックバンドのことである。ボーカルの渋い声に、結成当初から変わらない骨太なサウンドが魅力的なバンドだ。2005年に彼らの地元、倶知安町で行われたライブでは、彼らの音楽にファンが熱狂したあまり、会場である総合体育館の床が抜け落ちてしまったという伝説を持っている。体育館の床が抜けるまでに盛り上がってしまう彼らのライブには、毎回多くの観客が詰めかけており、ロックの真髄を目の当たりにすることができると評判だ。熱狂する会場に鳴り響くエネルギッシュなサウンドを、ぜひ体感してみてはいかがだろうか。

スパークスゴーゴー(スパゴー)の日程

105人が登録中

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

スパークスゴーゴーのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/25 12:00更新)

SPARKS GO GOとは

SPARKS GO GOについて

SPARKS GO GOとは、1989年に解散したバンド・Be Modernを前身として1990年に結成した3ピースバンドのことである。通称「SGG」「スパゴー」などと呼ばれているこのバンド。メンバーは全員、北海道の西部に位置する倶知安町出身で、ギターの橘 あつや、ボーカル&ベースの八熊慎一、ドラムスのたちばな哲也によって構成されている。

骨太で生粋のロックサウンドがウリのバンドで、ファンのみならずアーティストにも愛されている。そのためか他のバンドやアーティストとの交流も盛んで、合同での楽曲制作作業も多い。例えば2009年に再結成を果たしたロックバンド「UNICORN」のキーボード、ギター、ボーカルを務める阿部義晴と「ABEX GO GO」を結成し、シングルやアルバムをリリースしている。また、同じくUNICORNのボーカル奥田民生とも「THE BAND HAS NO NAME」という名のバンドを組んでCDもリリースした。

2016年には結成25周年を迎えた彼ら。メンバーのたちばな哲也と八熊慎一が50歳を迎えたこともあり、彼らにとっても特別な年となった。

スパークスゴーゴー(スパゴー)が好きな方はこんなチケットもおすすめ