スペース・スクワッドとは日本発売のVシネマである。特撮ドラマ宇宙刑事シリーズとスーパー戦隊シリーズからデカレンジャーをクロスオーバーさせたもの。後に劇場での上映もされる。日本の特撮ドラマのクロスオーバーは度々作成されており、デカレッドを担当したさいねい龍二によると「日本版アベンジャーズ」だという。宇宙刑事ギャバンtype-G役には俳優石垣佑磨が参加。その他にも原幹恵や石野真子など豪華キャストが出演している。シリーズの続編として女性キャスト目線で描かれた前日談「ガールズ・イン・トラブル」も発売される。こちらに出演するのは女性キャストのみとなっている。さらにラジオドラマとして全6回に渡り本編の前日談が放送される。宇宙刑事ギャバンの初回放送は1982年ということもあり、若い世代もかつてそれを見ていた世代も共に楽しめる豪華な作品となっている。

スペース スクワッドの日程

19人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

スペース スクワッドの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

スペース スクワッドのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/23 18:00更新)

スペース スクワッドについて

スペース スクワッドの魅力とは

スペース・スクワッドとは2017年発売のVシネマである。宇宙刑事シリーズからギャバンを、スーパー戦隊シリーズから特捜戦隊デカレンジャーを合体させたクロスオーバー作品。同年に劇場での上映もされる。今回の企画はかねてより検討されていた「ギャバン」の新作も兼ねている。当初2015年に制作を予定されていたがプロデューサー坂本浩一のスケジュールにより変更された。宇宙刑事ギャバンとは宇宙犯罪組織マクーの脅威を防ぐために地球に派遣された一人の異星人と地球人の間に生まれた青年の物語。特捜戦隊デカレンジャーとは警察をテーマにしたスーパー戦隊シリーズの第28作目。両作品の主要メンバーが集いチームを結成、宇宙にはびこる悪と立ち向かうというものである。

脚本に数々の特撮ヒーローを作り上げてきた脚本家荒川稔久、監督に日本の特撮ヒーローのアメリカ版「パワーレンジャー」を大ヒットさせた坂本浩一が務める。主題歌には1982年の「ギャバン」でもテーマソングを務めた串田アキラ、同じく「デカレンジャー」で主題歌を務めたYOFFYによる激突兄弟として参加する。今作では1982年で主演のギャバン且つ一条寺烈役を務めた大葉健二も登場。新旧ギャバンとデカレンジャーによる夢のタッグが実現する。

スペース スクワッドが好きな方はこんなチケットもおすすめ