スーベニア ~騒音の歌姫~」はオフ・ブロードウェイで初演を迎え、ロングラン公演&再演を達成した人気作品。100年前に実在したフローレンス・フォスター・ジェンキンスという類い稀なソプラノ歌手と、彼女を支えた人々の友情を描く感動の物語。2016年、「スーベニア ~騒音の歌姫~」は魅力あふれるソプラノ歌手・ジェンキンスを三田佳子、彼女をサポートするマネージャー・デュークをSixTONES京本大我という出演者で日本で初演される。「スーベニア ~騒音の歌姫~」にて若きマネージャー役に抜擢されたSixTONESの京本大我は、「JOHNNYS’ WORLD」「エリザベート」と舞台出演が続く。京本大我 出演舞台「スーベニア ~騒音の歌姫~」は必見の舞台だ。

スーベニア 騒音の歌姫の日程

172人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

スーベニア 騒音の歌姫の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

スーベニア 騒音の歌姫のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/7 18:00更新)

「スーベニア ~騒音の歌姫~」について

「スーベニア ~騒音の歌姫~」の魅力とは

SixTONESの京本大我が出演することで話題の舞台「スーベニア ~騒音の歌姫~」。オフ・ブロードウェイで初演を迎え、3ヶ月に及ぶロングランを達成。その後再演も果たした人気作品だ。「スーベニア ~騒音の歌姫~」は2016年にいよいよ日本初演を迎える。

「スーベニア ~騒音の歌姫~」は約100年前に実在した類まれなソプラノ歌手、フローレンス・フォスター・ジェンキンスと、その周りの人々の友情や恋愛模様を描く心温まる感動の物語。

日本初演となる2016年の「スーベニア ~騒音の歌姫~」では、46歳でソプラノ歌手を目指し、76歳でカーネギーホールを満杯にするほど魅力的なソプラノ歌手・ジェンキンスを三田佳子、ジェンキンスのマネージャーで、後にジェンキンスに恋心を抱くマネージャー・デュークをSixTONESの京本大我が演じる。

SixTONESの京本大我は、「JOHNNYS’ WORLD」「エリザベート」とジャニーズ舞台、外部の舞台への出演が続くため、ファンからも大きな注目と期待を寄せられている。

京本大我出演舞台「スーベニア ~騒音の歌姫~」は、見るものの心を癒やし、勇気を与え、感動をもたらす話題の作品。日本初演の注目作品とあって、公演期間の短い大阪公演を筆頭に、チケット入手は難しくなりそうだ。

スーベニア 騒音の歌姫が好きな方はこんなチケットもおすすめ