相対性理論は、2006年に結成されたバンドである。バンド名の由来は、やくしまるの父親が科学者であることから名付けられたという。プロジェクトの性格が強いため、ボーカルのやくしまるえつこを除いてメンバー構成は流動的に変化している。やくしまる自身もバンド以外にイラスト、朗読、ナレーション、CM音楽、楽曲提供などの方面で活動中だ。また、自主企画ライブはシリーズ各3回公演で完結しており、今回のライブにも注目が集まる。相対性理論は囁くような歌い方と独特なリズムと歌詞が特徴的で、一度耳にすると癖になってしまう。2016年には新たなアルバム「天声シングル」がリリースされ、これからも独創的な世界観でファンの心を掴んで離さない。

相対性理論の日程

610人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

相対性理論のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/9 18:00更新)

相対性理論について

やくしまるえつこの特徴的な声に引き込まれる、相対性理論のライブの魅力とは

ポストYouTube時代のポップ・マエストロと呼ばれる、新時代を引っ張るロックバンド。CDショップ店員が選ぶ「第1回CDショップ大賞」に、あのPerfumeを抑えて選ばれるなど今勢いに乗っているバンドである。しかし極力メディアへの露出を控える方針のためその素性は未だに知れないが、強烈なノイズとインパクトある迫力のサウンドは、まさに実力派と言われるクオリティである。男3人が音のベースを奏で、ボーカルのやくしまるえつこの特徴的な声がうまくミックス、独特な世界感を拡げていく。

CDなどの音源を聴くと「アニメ声」ともとれるようなやくしまるえつこの声から、JUDY AND MARYなど往年の女性ボーカルバンドのようなかわいらしい雰囲気を想像してしまうが、実際のライブでは非常にカッコよく、時にボーイッシュな側面を魅せるなどチケットを購入した観客はその「ギャップ」に驚かされる。やくしまるえつこの強烈な眼光はオーディエンスをステージに釘付けにし、強烈なメッセージをひとりひとりに残していく。初期はプロモーションビデオなどでも素顔を明かすことがなく、謎の多かったバンドであったが近年は少しずつ露出も拡大。現在進行形で成長していっているバンドなだけに、チケットを購入して定期的にライブに足を運び成長も見守っていきたい。

相対性理論が好きな方はこんなチケットもおすすめ