ベルサイユのばら~フェルゼンとマリー・アントワネット編~』は、漫画家:池田理代子氏による「ベルサイユのばら」が原作の宝塚オリジナル、グランド・ミュージカルです。こちらは、その宝塚歌劇団チケットのご案内になります。「ベルサイユのばら」として、1974年に初演当時、その爆発的な大ヒットで社会に「ベルばら」ブームを巻き起こした大作です。以来、幾度も再演を重ねています。原作が持つ重層的な世界観を、より丁寧に描くために主な登場人物別に分けて、いくつものバージョンが出来上がり現在に至ります。「フェルゼンとマリー・アントワネット編」は、その中のひとつで、実在の人物にスポットをあててドラマティックに描いた物語になります。

宙組 ベルサイユのばら フェルゼンとマリーアントワネット編の日程

105人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

宝塚歌劇 ベルサイユのばら フェルゼン編の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

宝塚歌劇 ベルサイユのばら フェルゼン編のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 18:00更新)

宝塚歌劇 宙組 ベルサイユのばら フェルゼンとマリーアントワネット編 について

物語は18世紀のヨーロッパ、当時権勢を誇るオーストリアのハプスブルク家とフランスのブルボン家は、長引く戦争の平和的解決を試みました。それは両家が婚姻関係になることで、決着をみようとする政治的目論見でした。14歳のマリーは、故国オーストリアのため、フランス皇太子ルイ16世に嫁ぎます。しかし、歴史の歯車はアントワネット18歳の時に、スウェーデン貴族フェルゼン伯爵と運命の糸を結ばせます。ロココの女王マリー・アントワネットが、革命によって最後の断頭台の露と消えるまでを、フェルゼンとアントワネットを中心に、男装の麗人オスカルやアンドレを絡めながら壮大な歴史絵巻として展開し、観客の心を揺さぶり続けます。重厚な楽曲と共に、滅びの美学ここに極まれり!チケットの入手は困難となっています。

宙組 ベルサイユのばら フェルゼンとマリーアントワネット編が好きな方はこんなチケットもおすすめ