ソフィーミルマン(Sophie Milman)は、ロシア出身のジャズボーカリストである。冷戦崩壊後という状況の中、イスラエルへ移住しジャズを学ぶ。15歳の時に移住してから現在まではカナダを拠点に活動している。2004年に1stアルバム「ソフィー・ミルマン」でデビュー。2007年にリリースされたアルバム「Make Someone Happy」は、2008年 ジュノー賞 最優秀ボーカルジャズアルバム賞を受賞している。2009年、スティーヴン・マッキノンをプロデューサーに迎えた「Take Love Easy」ではブルース・スプリングスティーンやポール・サイモン「50ways To Leave Your Lover」などの名曲もカヴァーし、ソフィーミルマンは日本でも知名度が高い。

ソフィーミルマンの日程

0人が登録中

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ソフィーミルマンについて

ソフィーミルマンの魅力とは

ロシア出身のジャズボーカリスト ソフィーミルマン(Sophie Milman)。2004年にリリースした1stアルバム「ソフィー・ミルマン」でデビュー。
カナダで発売された今作は、2006年にアメリカでも発売され、iTunesジャズ・アルバム・ダウンロード・チャートで1位を獲得した。2009年、スティーヴン・マッキノンをプロデューサーに迎えた「Take Love Easy」ではブルース・スプリングスティーンやポール・サイモン「50ways To Leave Your Lover」などの名曲もカヴァーし、日本でもヒットしている。

2013年には、これまでにリリースされた3枚のアルバムからのベストアルバム「ソフィー・ミルマン・ベスト・コレクション」をリリース。彼女の集大成とも言える作品となり、ファンの熱い支持を獲得した。ソフィーミルマンはハリウッドスターを彷彿させるルックスからジャズ界のアイドルと評されることもあるが、その圧倒的な実力は折り紙付き。スタンダードなバラードからテンポのいいボサノヴァ調まで見事に歌いあげる歌唱力が評価されるシンガーだ。
親日家としてしられているソフィーはこれまでも来日公演を実施。産休期間を経て2016年に再来日するとあってファンを賑わせている。

ソフィーミルマンが好きな方はこんなチケットもおすすめ