ソン ガンホ(Song KangHo)は韓国の俳優だ。兵役の為、入隊した後に1991年、演劇デビュー。1996年に「豚が井戸に落ちた日」で映画デビューを飾った。1999年に韓国に潜入した北朝鮮工作員と、韓国諜報部員との悲しい運命を描いた映画「シュリ」が韓国国内で観客動員数621万人という大ヒットを記録。この作品は日本でも18億円の興行収入をあげる大ヒットとなり、イ・ジャンギルを演じたソン ガンホの名も日本で知られることとなった。その後も2000年には「JSA」で第38回大鐘賞 最優秀主演男優賞を獲得。2003年にはポン・ジュノ監督の華城連続殺人事件を元にした戯曲の映画「殺人の追憶」で第40回大鐘賞 最優秀主演男優賞を受賞。ソン ガンホは韓国を代表する俳優となっている。

ソン ガンホ(Song KangHo)の日程

7人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ソン ガンホの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ソン ガンホのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 06:00更新)

ソン ガンホ(Song KangHo)について

ソン ガンホ(Song KangHo)の魅力とは

韓国の俳優 ソン ガンホ(Song KangHo)。彼の名が一躍知られることとなったのは1999年の映画「シュリ」だ。韓国に潜入した北朝鮮工作員と、韓国諜報部員との悲しい運命を描いた今作が韓国国内で観客動員数621万人という大ヒットを記録。日本でも18億円の興行収入をあげる大ヒットととなったこの作品で、イ・ジャンギルを演じたソン ガンホの名も日本で知られることとなった。
その後も2000年には「JSA」で第38回大鐘賞 最優秀主演男優賞を獲得。2003年にはポン・ジュノ監督の華城連続殺人事件を元にした戯曲の映画「殺人の追憶」で第40回大鐘賞 最優秀主演男優賞を受賞。
2005年にはパク・チャヌク監督の「親切なクムジャさん」へ特別出演し、2006年にはポン・ジュノ監督と再びタッグを組み「グエムル-漢江の怪物-」へ出演。この作品は韓国で観客動員数1230万人と言う歴代動員記録を塗り替え大ヒット。日本でも公開されるとポン・ジュノ監督、そしてソン ガンホの名は広く知れ渡ることとなった。2014年には「弁護人」が3日間で観客動員100万人を記録するヒットとなり、2016年に待望の日本公開。これにあたりソン ガンホは「グエムル-漢江の怪物-」以来の来日となっており、舞台挨拶に登壇することとなった。

ソン ガンホ(Song KangHo)が好きな方はこんなチケットもおすすめ