ソリッドスター(SOLID STAR)は、イベントや舞台公演を手がけるプロデューサーユニットである。映像・舞台等の企画製作者によって結成され、これまで数多くの作品を世に排出してきた。2016年に彼らが手がけるプロデュース作品は、第8作目「主人がオオアリクイに殺されて1年が過ぎました。」である。物語は多額の借金に追われている男が「私の遺産10億円を受け取ってください!」というよくある迷惑メールを受信することから始まる。半信半疑で富豪の屋敷を訪れた男だったが、そこには同じメールを受け取ったという男女が集まっていて…。遂に謎に包まれた「遺産相続ゲーム」の、壮絶な争いが幕を開ける!

ソリッドスター(SOLID STAR)の日程

112人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ソリッドスターの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ソリッドスターのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 00:00更新)

ソリッドスターについて

ソリッドスターの魅力とは

プロデューサーユニットである「ソリッドスター(SOLID STAR)」は、現在に至るまで舞台制作やイベント企画など様々な事業を手がけてきた。独自の企画製作プロジェクト「SOLID STARプロデュース」の他にも、外部プロジェクトなどにも数多く関わる。さらに「舞台シナリオ大賞」やプロジェクト連動型の「出演者オーディション」など、新たな人材育成も精力的に行っている。

そんなプロ集団「ソリッドスター」第1作目のプロデュース作品は、2014年に上演された舞台「ミニチュア!!」である。本作品では小さな街で巻き起こった青春群青劇を見事に描き、観客に感動を勇気を与え好評を博した。また同年10月に上演された「ヨビコー!」では、地方の大学受験予備校を舞台とした、浪人生たちの熱い戦いを描いている。この作品は話題となり、2016年3月公演でもキャストを新たに公演された。その後も彼らは「明るいお葬式」や「三ツ星に願いを!」など、数々の作品をプロデュースしている。「ソリッドスター」が手がけるものは、どの作品も観る人に訴えかけ、気持ちを明るくしてくれるような作品が多い。彼らの今後のプロデュース作品にも、大きく期待が寄せられる。

ソリッドスター(SOLID STAR)が好きな方はこんなチケットもおすすめ