SOB(エスオービー)は、1985年にTOTTSUAN(Vo)を中心に大阪で結成されたハードコア・パンクバンドだ。1986年に大幅なメンバーチェンジを行い、TOSHIMI(Gt)、NAOTO(Ba)、YASUE(Dr)の4人編成で、ファースト7インチEP「Leave Me Alone」を発表し、その圧倒的なスピードとバンドスタイルがハードコアシーンに大きな衝撃を与えた。1995年にTOTTSUANの突然の死によりバンド存続の危機を迎えるが、YASUEがリーダーを引き継ぎ、2002年から新ボーカリストにETSUSHIを迎え、初のベストアルバム「Still Grind Attitude」をリリースし、完全復活を果たした。ハードコア・パンクをベースに、スラッシュ/デスメタルも包摂したエキサイティングなライブを繰り広げるSOB(エスオービー)に注目してほしい。

SOB(エスオービー)の日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

SOB(エスオービー)について

ハードコアシーンの先駆者、SOB(エスオービー)の魅力とは

1986年の結成以来、リーダーの突然の死とオリジナルメンバー不在を乗り越え、今日にいたるまでハードコアシーンの最前線で活躍を続けるハードコア・パンクバンドのSOB(エスオービー)は、「日本最高速」と謳われるサウンドとパフォーマンスで国内外のバンドに多大な影響を与えてきた。フロントマンのTOTTSUAN(Vo)を中心にTOSHIMI(Gt)、NAOTO(Ba)、YASUE(Dr)の4人体制により発表したファースト7インチ EP「Leave Me Alone」がシーンに大きな衝撃を与える。1989年には初のヨーロッパツアーをイギリスのグラインドコアの先駆的バンド、NAPALM DEATHと共に敢行し、センセーションを巻き起こす。その後、NAOTO(B)が自身のバンド結成のため脱退し、KAWATAKA(B)が加入し、再びヨーロッパツアーを行うとともにBBCラジオの音楽番組に日本のバンドとして初の出演を果たした。1995年にバンドリーダーのTOTTSUANが亡くなり、解散の危機が訪れるが、YASUEがリーダーを引き受け、ETSUSHIをボーカルに迎え活動を再開する。2017年3月にはヘヴィロックイベント「RHYTHM OF FEAR」のヘッドライナーとして出演する。圧倒的なスピードと強烈なパフォーマンスのSOB(エスオービー)のライブを思いっきり楽しんでほしい。

SOB(エスオービー)が好きな方はこんなチケットもおすすめ