Solstice Music Festivalは、エレクトロニックミュージックのパーティーを主宰するソルスティスミュージックによるフェス。愛称はソルス。初の開催は1999年に群馬県宝台樹キャンプ場で行われた。その後も規模が拡大し、2002年には1万2000人を動員。2008年の10周年を契機に開催休止されたが、2015年に野外フェスとして復活。2016年に出演するのはゴッド オブ トランスと呼ばれるJUNO REACTORや、超ベテランバンドSystem7など。今回は初めて海での開催となる。それに伴いサウンドシステムも進化し、ライブペインティング・パフォーマンス、花火などフェスを彩る仕掛けが沢山。一味違ったビーチトランスパーティを楽しめそうだ。

Solstice Music Festivalの日程

56人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

Solstice Music Festival の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

Solstice Music Festival のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/9 00:00更新)

Solstice Music Festivalについて

Solstice Music Festivalの魅力とは

Solstice Music Festivalは、ソルスティスミュージックによる音楽フェス。1996年カナダのバンクーバーでのイベントプロデュースを起源とし、現在東京でエレクトロニックミュージックのパーティーを主催している。当時住んでいたカナダにおいてトランスミュージックを発展させようと、ChikaとAkiraが自分たちでパーティーを開催したことが発祥である。その後東京に拠点を移し、ソルスという愛称でトランスファンを魅了した。

Solstice Music Festival は1999年に群馬県 宝台樹キャンプ場で初開催。その3年後には12000人を動員するほど、年々人気が加速していった。その後も岐阜県 めいほう高原明宝スキー場や新潟県 妙高杉ノ原スキー場などで開催。10周年を機に開催を休止したが、2015年には感動の復活を果たした。そして初の海辺開催となる2016年は、サウンドもパワーアップし花火やパフォーマンスなど見所沢山のフェスになる模様。ダンスミュージックだけでなく映画のサウンドトラックも手がけるJuno Reactorや30年以上のキャリアをもつSystem 7など計11組が出演する。日本のトランスシーンを牽引してきた歴史あるフェスに、あなたも参加してみてはどうだろうか。

Solstice Music Festivalが好きな方はこんなチケットもおすすめ