サントリーレディスオープンゴルフトーナメントは、1990年に創設された日本女子プロゴルフ協会公認のゴルフトーナメントである。開催場所は、兵庫県神戸市北区の六甲国際ゴルフ倶楽部にて開催され、毎年6月の第2週に行われる。主催は、サントリー、フジテレビジョン、関西テレビ放送の3社で、賞金総額は1億円、優勝賞金は1,800万円である。なお、当ゴルフトーナメントはチャリティにも力を入れており、1995年の阪神・淡路大震災では開催地である神戸市に消防自動車を寄贈している。2011年以降は東日本大震災被災地の宮城県名取市へチャリティ金を寄贈し、2016年は熊本地震の復興支援として熊本県へチャリティ金を寄贈している。

サントリーレディスオープンの日程

104人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

サントリーレディスオープンのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/24 00:00更新)

サントリーレディスオープンについて

サントリーレディスオープンの魅力とは

サントリーレディスオープンゴルフトーナメントは、毎年6月の第2週に兵庫県神戸市の六甲国際ゴルフ倶楽部にて開催されるゴルフトーナメントである。当ゴルフトーナメントの創設は1990年であり、一般社団法人日本女子プロゴルフ協会公認である。サントリー、フジテレビジョン、関西テレビ放送の3社が主催しており、賞金総額は1億円、優勝賞金は1,800万円である。

出場選手はトッププロだけではない。次世代のトッププロ育成を目的としていることから、国内外のアマチュア選手にも参加の門戸が開かれている。過去にアマチュアとして当ゴルフトーナメントに出場した選手は、2001年〜2003年の3年連続ベストアマに選出された宮里藍をはじめ、2004年ベストアマの横峯さくら等、誰もが知っている人気選手も含まれている。そのため、まだまだ知名度は低いが魅力的な若手選手の発掘がされやすいため、人気のゴルフトーナメントである。なお、主催のサントリー所属で米国女子ツアーを主戦場としている宮里藍だが、2017年は2年ぶりに大会出場を決めており、六甲の地で新たなドラマが生み出されることが期待される。大会中は全ての選手の活躍から目が離せない。

サントリーレディスオープンが好きな方はこんなチケットもおすすめ