スルース」(スルース~探偵~)は、イギリスの劇作家アンソニー・シェーファーが1970年に発表した「探偵スルース」が原作の舞台である。1971年にアメリカの演劇賞の権威トニー賞において演劇作品賞を受賞した今作は1972年と2007年に映画化され、ヴェネツィア国際映画祭では監督のケネス・ブラナーが金獅子賞にノミネートされている。日本では劇団四季が1973年から公演しており人気の題材である。今作は新納慎也の出演回を「探偵バージョン」、音尾琢真の出演回を「スルースバージョン」として2バージョンの上演となっている。名作舞台「スルース」の2バージョンが深作健太の演出によってどのようなステージになるのか注目が集まっている。

スルースの日程

39人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

スルースのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/7 18:00更新)

スルース 探偵について

スルース 探偵の魅力とは

イギリスの劇作家アンソニー・シェーファーが1970年に発表した「探偵スルース」が原作の舞台「スルース」(スルース~探偵~)。
日本では1973年より劇団四季が公演している人気の題材だ。今作の演出を手掛けるのは深作欣二を父に持ち、自身も映画監督として活躍、「僕たちは世界を変えることができない。But,We wanna build a school in Cambodia.」や舞台「リーディング シアワセでなくちゃいけないリユウ」などの演出を手掛ける深作健太。
出演は「大岡越前」や「水戸黄門」、「大江戸捜査網 」など数々の時代劇で知られ、「武田信玄」、「八代将軍吉宗」などNHK大河ドラマへの出演も多い西岡 德馬、NHK-BS2の「にこにこぷんがやってきた」ではうたのおにいさんとして活躍し、2016年にはNHK大河ドラマ「真田丸」にて豊臣秀次役に抜擢された新納慎也、演劇ユニット「TEAM NACS」に所属し、舞台はもちろんテレビドラマにも数多く出演する音尾琢真。
この新納と音尾はティンドル役でダブルキャストとなっており、新納出演回は「探偵バージョン」、音尾出演回を「スルースバージョン」として2バージョンの上演となっている。

スルースが好きな方はこんなチケットもおすすめ